軟骨ピアスのトラブル騒動記

軟骨ピアスを開けたあとのトラブルは2ヶ月近く続いた。
軟骨ピアスを開けたあとの腫れや痛みには、暖めたり、冷やしたりする方法があるらしい。
少し前から、軟骨ピアスをつけているアーチストのポスターを見て、カッコイイ!と騒いでいたから、そろそろくるな、と思ってはいたのだ。
軟骨ピアスはまだだが、普通のピアスは経験済みの友達としては、言い出したら聞かない彼の性格を知りながら、一応一言注意すべきだと思って言った。
夏は化膿しやすいから、軟骨ピアスデビューは秋まで待ったほうが???。
軟骨ピアスを開けたがっている他の友人にも、いろいろ情報を調べてから、と勧めようと思っている。
さらに調べて、軟骨ピアスの化膿を抑えるためには、抗生物質を塗ったり飲んだりすると効果があるということも知った。
痛みで寝られないという友達に、何か軟骨ピアスのトラブルについて役に立つ情報はないかと、いろいろ検索してみた。

軟骨ピアスを開けたところが腫れて痛い、と言って友達が送ってきた画像を見て驚いた。
ちょっと安心して、「似合うよ」と返信したその夜から軟骨ピアスのトラブルは始まったのだ。
3ヵ月後に、憧れのアーチストと同じデザインの軟骨ピアスに付け替えた頃。
友人たちも一目を置く軟骨ピアスが似合うヤツになり、そうなると性懲りもなく彼はこう言った。
自分で軟骨ピアスを開けたのか、との心配は杞憂で、専門のスタジオに行ったらしい。
やはり、夏は炎症を起こしやすく感染も多いので、軟骨ピアスを開けるのは避けたほうがいい、と書いてあるサイトもついでに送った。
個人差があるし、金属アレルギーにも気をつけないといけないようなので、友達に軟骨ピアスのトラブルについて書いてあるサイトを教えて、参考にするよう言ってみた。軟骨ピアスと言うと、トラブル!と思ってしまうようになったのは、友達のせいだ。
それでも、徐々にホールが固定してきて、たまに「軟骨ピアスを引っ掛けた!」と痛がることを除けば(これはずっと続くと思う)落ち着いた感じになってきた。
この友達が、思いついたら即実行タイプのヤツで、梅雨明け頃にいきなり「軟骨ピアスを開ける」と宣言してきた。
もちろん友達は聞かず、宣言した次の日には、軟骨ピアスをつけた嬉しそうな画像がメールで送られてきた。
軟骨ピアスのトラブルで弱気になっている友達がちょっと可哀想な気もするが、こういう時でないと人の話を聞かないのだから、いいことにしよう。
人の話を聞くようなヤツではないので、今度は僕と一緒に軟骨ピアススタジオに行くことにした。
彼は反対の耳に軟骨ピアスヘリックスを、僕はトラガスを開ける予定だ。
初めての軟骨ピアスだが、この半年でありとあらゆるトラブルの対処法を調べたせいか、ほとんど不安を感じていない。
友達のトラブル騒動が、いつの間にか自分の軟骨ピアスのための準備になっていたわけだ。
次は反対の耳に軟骨ピアスを開ける。

カルシウムサプリ