ハンドメイドアクセサリーとは

こうしたハンドメイドアクセサリーの種類や手法は、趣味関連のブログやサイトに沢山紹介されていますから、一度じっくり読んでみられるといいのではないでしょうか。 しかし、どうせハンドメイドアクセサリーに挑戦するなら、やっぱり銀の指輪やネックレスを作りたいという方も少なくないだろうとは思います。 また、銀粘土には大きな固まりとして売られているものもあれば、チューブに入れて売られているものもありますから、用途や必要量に合わせて自由に選べます。 けれど、ハンドメイドアクセサリーはその名の通り、手作りのアクセサリー。 特にペンプは天然素材で軽い上、色が抱負なので、小さな女の子用のハンドメイドアクセサリーを作る際には最適なんですね。 実はこの銀粘土、純銀の微粉末と水をバインダーという結合材で固めた水性粘土で、造形して焼固める事で様々なハンドメイドアクセサリーが作れます。 ペンプというのは、麻の糸の事で、これを細かく編んだり結んだりして行く事で、様々なデザインのブレスレットや髪飾りが作れます。 ただし、ハンドメイドアクセサリーの楽しさは、編み物感覚で作れるビーズアクセサリーやペンプアクセサリーの方が大きいかも知れません。 特に、もうすでに手作りアクセサリーを趣味にしている人などは、それほど彫金に拘っていません。 そもそもハンドメイドアクセサリーイコール、彫金で作るシルバーアクセサリーというイメージ自体どうかと私は思いますよ。 また、彫金で作られた指輪などは、変形しにくく、非常に価値観も高く見えます。 ハンドメイドアクセサリーの王道とも言える彫金は、非常にハイレベルな趣味と言えるでしょう。 そこで今回私がお勧めしたいのが、粘土細工で作るシルバークレイという方法です。 ハンドメイドアクセサリーとしての迫力は、やはりシルバーアクセサリー、それも彫金で作るシルバーアクセサリーに勝るものはないでしょう。 皆さんは、純銀の粉末から出来ている銀粘土というのがあるのをご存じですか。 ビーズを繋いで作った首飾りや、麻糸を編んで作った髪飾りだって、立派なハンドメイドアクセサリーなのです。 確かに、所謂彫金と呼ばれるこうした方法で作るシルバーアクセサリーなどは、ハンドメイドアクセサリーの王道とも言えるでしょう。 後、ビーズアクセサリーだって、ただ単に糸にビーズを通すだけでなく、そのビーズを通した糸を編んだり結んだりする事で、バリエーションはどんどん広がります。 粘土で形作って焼いて仕上げる、そう、これは陶芸と同じですね。 ただし、窯なんかなくても、ガスコンロでも十分焼き上げる事が出来るので、最初から最後まで自宅で作れるハンドメイドアクセサリーなのです。 編み物感覚や裁縫感覚、さらには工作感覚でもっと手軽に楽しめるハンドメイドアクセサリーを沢山作っています。 これは小さなお子さんでも出来ますから、正にご家庭や保育園などで楽しむには最適なハンドメイドアクセサリーと言えるでしょう。 また、レザークラフトと呼ばれる革細工でのアクセサリー作りも楽しいでしょう。 何も必ずしも銀の延べ棒や延べ板から試行錯誤して作る物だけではありません。 この辺りも完全に粘土細工の世界ですが、いずれも99パーセント純銀のハンドメイドアクセサリーを作る事が出来るのが嬉しいところです。ハンドメイドアクセサリーというと、金属をコンコン叩いて形成し、ジリジリ削ってデザインして行く、そういうイメージをお持ちの方も多いと聞きました。