フロントボタン式のニットポンチョ

フロントボタン式のものだと、やっぱ袖有りの方が来やすいかなぁ。
こうした事を考えても、やっぱ買うなら前あきで、フロントボタンのあるものがベターなのかなぁ。
皆さんはもう今年のウィンターコレクション、揃え終わりましたか。
それでね、今年は前あきのニットポンチョを1枚か2枚、新しく買おうかなぁっと思っているんです。
そこで問題、フロントボタンか紐やリボンなどで縛るタイプか、さて、どちらがお勧めでしょうか。
勿論、フロントボタンのニットポンチョの方が暖かいのは暖かいでしょうね。
そしたら、これが暖かくて中々使い道が抱負で、結構いろんなコーデが楽しめる事も判明。
ほら、リボンの先にぼんぼりの付いてるようなケープみたいなニットポンチョ、あれなんか、ほんとおしゃれですよねぇ。
去年の冬、被るタイプのニットポンチョを1着買ったんですよ。
でも、実際には前あきのニットポンチョの方が、ずっと脱ぎ着は楽じゃないですか。

ニットポンチョは全体的にシンプルなデザインのものを選び、ボタンでインパクトを与えるというのも一つの手だと、この間読んでいたブログには書いてありました。
でも、胸元で結ぶタイプの紐式の方が可愛いのは可愛いような気もします。
ボタンの開け閉めでまた違うコーディネイトを楽しむ事も可能です。
となると、後は袖付きと袖無し、どちらのニットポンチョにするかっていうところですよね。
でも、自分が10代の頃にはなかっただけに、一度位はあんな可愛いニットポンチョを着てみたいという気持ちもかなりあります。
それこそ、前をオープンにして軽く羽織るだけでもいいし、一番上だけをとめて、マントのように着るのもあり。
勿論、寒い日はしっかり全てのボタンをとめて、防寒着としてのニットポンチョにすればいい訳ですものね。ニットポンチョはやはり被るタイプのものの方が、保温性には優れているだろうと思うんですね。
確かに、とびきり大きなフロントボタンの付いたニットポンチョは、かなりインパクトがありそうですよねぇ。
ただ、もうこの年になったら、ああいう姫系はちょっと無理があるかも知れないけど・・・。

ニットポンチョなんて最初は全然関心なかったんだけど、取り敢えず流行を追っとかないとと思ってね。
そこで、今年の冬は絶対ニットポンチョを取入れようって決めてるんです。
流石に、紐やリボンでとめるタイプのニットポンチョだと、開けっ放しはちょっとみっともないけど、ボタン式なら全然大丈夫。
あっ、そうそう、この間袖付きのフロントボタン式で、タートルネックタイプのニットポンチョを着ている人を見て、ちょっと気になったりなんかしたのよね。
しかも、自分がまだ持ってなくて、脱ぎ着の楽なフロントボタン式のものをね。
実用性と保温性に優れ、尚且つボトムスとのコーディネイトがしやすいニットポンチョ、これが理想なのよね。
ポンチョってシンプルなアイテムだけにどんなのでもいいっていう訳には行かないじゃないですか。
で、今、いろんなブログやサイトで今年の流行のニットポンチョを物色してるんだけど、う〜ん、すごく迷っちゃってます。
化粧や髪の毛が乱れる心配もないし、暑くなったらその場で脱いで、寒くなったらまたすぐ着られます。
ニットポンチョは何種類位揃えられたのかしら、やっぱ気になるなぁ、巷のおしゃれレディーたちのトップス事情。

フロントボタン式のニットポンチョ

ボタンの開け閉めでまた違うコーディネイトを楽しむ事も可能です。
流石に、紐やリボンでとめるタイプのニットポンチョだと、開けっ放しはちょっとみっともないけど、ボタン式なら全然大丈夫。
化粧や髪の毛が乱れる心配もないし、暑くなったらその場で脱いで、寒くなったらまたすぐ着られます。
それでね、今年は前あきのニットポンチョを1枚か2枚、新しく買おうかなぁっと思っているんです。

ニットポンチョなんて最初は全然関心なかったんだけど、取り敢えず流行を追っとかないとと思ってね。
でも、実際には前あきのニットポンチョの方が、ずっと脱ぎ着は楽じゃないですか。
フロントボタン式のものだと、やっぱ袖有りの方が来やすいかなぁ。
ポンチョってシンプルなアイテムだけにどんなのでもいいっていう訳には行かないじゃないですか。
ただ、もうこの年になったら、ああいう姫系はちょっと無理があるかも知れないけど・・・。
ほら、リボンの先にぼんぼりの付いてるようなケープみたいなニットポンチョ、あれなんか、ほんとおしゃれですよねぇ。
それこそ、前をオープンにして軽く羽織るだけでもいいし、一番上だけをとめて、マントのように着るのもあり。
ニットポンチョは何種類位揃えられたのかしら、やっぱ気になるなぁ、巷のおしゃれレディーたちのトップス事情。
去年の冬、被るタイプのニットポンチョを1着買ったんですよ。
でも、自分が10代の頃にはなかっただけに、一度位はあんな可愛いニットポンチョを着てみたいという気持ちもかなりあります。
実用性と保温性に優れ、尚且つボトムスとのコーディネイトがしやすいニットポンチョ、これが理想なのよね。
勿論、寒い日はしっかり全てのボタンをとめて、防寒着としてのニットポンチョにすればいい訳ですものね。
こうした事を考えても、やっぱ買うなら前あきで、フロントボタンのあるものがベターなのかなぁ。
となると、後は袖付きと袖無し、どちらのニットポンチョにするかっていうところですよね。
でも、胸元で結ぶタイプの紐式の方が可愛いのは可愛いような気もします。
あっ、そうそう、この間袖付きのフロントボタン式で、タートルネックタイプのニットポンチョを着ている人を見て、ちょっと気になったりなんかしたのよね。
そこで問題、フロントボタンか紐やリボンなどで縛るタイプか、さて、どちらがお勧めでしょうか。ニットポンチョはやはり被るタイプのものの方が、保温性には優れているだろうと思うんですね。

ニットポンチョは全体的にシンプルなデザインのものを選び、ボタンでインパクトを与えるというのも一つの手だと、この間読んでいたブログには書いてありました。
確かに、とびきり大きなフロントボタンの付いたニットポンチョは、かなりインパクトがありそうですよねぇ。
しかも、自分がまだ持ってなくて、脱ぎ着の楽なフロントボタン式のものをね。
で、今、いろんなブログやサイトで今年の流行のニットポンチョを物色してるんだけど、う〜ん、すごく迷っちゃってます。
勿論、フロントボタンのニットポンチョの方が暖かいのは暖かいでしょうね。
そしたら、これが暖かくて中々使い道が抱負で、結構いろんなコーデが楽しめる事も判明。
皆さんはもう今年のウィンターコレクション、揃え終わりましたか。
そこで、今年の冬は絶対ニットポンチョを取入れようって決めてるんです。

ファー付きのニットポンチョ

ニットポンチョっていうと、比較的お手頃価格で、比較的暖かくて実用的なアイテムが多いというのが私のイメージなんですね。
で、そのお返しにファーのポンチョをおねだりしちゃうんですよ、いいアイデアだと思いませんか。

ニットポンチョの場合、フードの部分だけをファーにしているタイプのアイテムも多数市販されています。
けれど、流石にファーのポンチョとなると話は別、何万円もするものも少なくありません。
でも、所変わればなんとかで、ニットポンチョの本家本元の南米では、とんでもないファーのポンチョがあったりなんかもするようですよ。
まあラビットならそこそこの価格で買えそうですが、ミンクとなるとねぇ、それこそポンチョと言えるお値段じゃないものも多いですよ。
その場合、主流になるのはラビットやフォックスのようで、お値段もかなりお手頃、雰囲気もずっとニットポンチョらしいと思います。
さあ、思い立ったが吉日、早速アパレル関連のブログやサイトで、お気に入りのファー付きニットポンチョを物色しちゃいましょう。
ニットポンチョとはちょっと別物ですね。

ニットポンチョというのは、基本的には毛糸で編んだポンチョの事ですからね、毛皮はまた別物なわけです。
普通のニットポンチョなら、あの手の人形で十分なんだろうけど、やっぱミンクファーのディスプレイなんです、もうちょっと気を配って欲しいものですよね。
そしてそして、その中には、主流のラビットに混じって、毛皮の王様とも言えるミンクもしっかりラインナップされています。
いくら高級感を出そうとしても、所詮はニットポンチョ、そんなに高価なものでなくてもいいんだろうという気すらします。
だけど、言うまでもなく、ポンチョそのものはとても艶があって美しいという表現が相応しかったですね。
ニットポンチョでは物足りないマダムが着るのでしょうか、あるショップのガラスの向こう側に出ていたファーのポンチョには、63,000円の値札が付けられていました。
100パーセントミンクファーと大きく書いてありましたが、マネキンが安っぽすぎて、やや高級感に欠けるように見えたのがとても残念でした。
まああれがニットポンチョじゃなくコートだったら、0がもう1個余分に付いてても不思議ではないでしょう。
しかし、ファーのポンチョもニットポンチョに劣らずの人気なんですよ。
自分にはニットポンチョで十分なんですけど、ミンクのポンチョがあるという話を小耳に挟み、ちょっと気になって調べてみました。
フードの部分だけならミンクファーでも手が出るかもっと思えないのが貧乏OLの悲しいところなんだけど、さてさて、皆さんはいかがでしょう。
マジで、今年のクリスマスは、女性から男性に手編みのニットポンチョをまずプレゼントする、これが第一歩ね。
実際、5,000円位までのニットポンチョは、通販などにもわんさか出ています。
あっ、因みに、ファーというのは毛皮の事で、ミンクやラビット、フォックスなどが日本では有名ですよね。
あっ、そうそう、ついでに男物のニット製品の手編みのレシピを探すのも忘れないで下さいね。
男はみんな手作りに弱いもの、きっとガタガタでも取り敢えず愛情を込めて編んだニットポンチョなら、素敵なファーになって戻ってくるかもしれませんよ。

通販でニットポンチョ探し

実際、今回私もあちこちのテナントを見て回って、あっ、これいいなぁ、欲しいなぁっと思うニットポンチョは結構ありました。
主人には内緒だけど、実はそのうちの1枚をこっそり買っちゃったりもしたのであります。
まあもっとも、自称マダムというだけで、思い切りカントリーロードのおばちゃんですからね。
なので、どうせならそうした通販サイトの中で思い切り迷って迷って迷って、母の還暦祝いのニットポンチョを探す事にしたいと思います。
でも、今回は母の還暦祝いのプレゼントなので、出来る事なら赤がいいだろうなぁっとは思います。
で、主人なんかは、いっその事赤い毛糸を買って来て、私がニットポンチョを編んだらどうかなんて言うんですよ。
人の手間も考えないで、ホント嫌になっちゃうし、それが出来る位器用なら、自分自身こんな苦労してないって。
最近は通販でもラッピングをしてくれるところは沢山あるし、いいいニットポンチョがあればラッキーだなぁっと思ってね。
でも、私は不器用だし、目も余り良くないし、とにかく手芸は全てにおいて大の苦手。

ニットポンチョは今流行のアイテムですから、確かにうちの近所のショッピングモールにも沢山出てるんです。
そんな事は誰よりもよく知っているくせに、自分でニットポンチョを作ったらどうかなんて言うものだから、たちまち夫婦げんかになっちゃうんですよね。ニットポンチョが欲しいなんて母が言うもんだから、近所のショッピングモールに探しに行ったんですね。
でも、母のご注文通りのマダムに似合うような真っ赤なニットポンチョなんて、そうはないんですよねぇ。
されど、うちの母親に似合いそうな赤いニットポンチョというのが中々ない。
だから、母くらいの年齢や体型の女性に会うそれなりにおしゃれなニットポンチョも見付かるんじゃないかなぁっという気もしてね。
ニットポンチョと言えるかどうかは美味用だけど、フロント部分のリボンをしっかり閉めれば、それなりの雰囲気は十分出せそう。
大きな声じゃ言えないけど、ほら、通販て、割と中高年の人がよく利用するじゃないですか。
そこで、一旦諦め、家に帰ってネットやカタログなどの通販サイトをあれこれ覗いて見る事にしました。
そんな一例みたいな感じ、あるアジアン雑貨のお店に、すごく綺麗な赤いケープがあったんです。

ニットポンチョが流行りだしてからというもの、アパレル専門店以外でも取り扱われる事が多くなりましたよね。
だけど、いつも見れば見るほど迷ってしまって、結局買えない事も多い私、どうやら今回のニットポンチョ探しもそうなりそうな感じです。
特に通販だと、何でもない雑貨屋さんがとっても素敵なニットポンチョを取り扱っていたりもします。
いつも見ているだけでついつい楽しくなっちゃう通販サイト、1時間や2時間平気でパソコンの前に座っていられます。
ニットポンチョ自体似合うかどうか解らないし、今さら真っ赤な防寒着というの、本当は辞めてほしいというのが本音です。
これなら細かい事に煩い母も、きっと満足してくれる事でしょう。
そしたら、全然OKみたいだし、他にも似たようなアイテムを取り扱っている通販サイトがいくつか紹介されていました。
でも、一応念のためにと思って、こういうタイプの物でもニットポンチョと言っていいのかどうか、ファッション関連のブログやサイトでちょこっと調べてみました。
多分今ごろはニットポンチョだけでなく、帽子やセーターや靴下など、可愛い我が子の物は全部オリジナルのニット製品でコーデしてますよ。

フード付きニットポンチョ

暖かいし、雨や雪の日は、その上からもう1枚ビニールのポンチョを着て、頑張って通勤してます。
で、私の家からだったら、ちょっとずつちょっとずつで4回も乗り換えないといけないのね。
転勤になった去年の冬から、通勤時にフード付きのニットポンチョを着るようになったら、もうすっかり虜ですよ。
でも、別にフードがあっったって、そんなに大きく見た目を変えるという事はないんじゃないかなぁっと私自身は思ってます。
で、その時、お子さんの方がクマちゃんの耳の付いた帽子を被っててね。
思わず可愛いなぁっと思ってよく見たら、ニットポンチョから繋がった謂わばフードの部分だったんですよね。
それにね、ファッション関連のブログやサイトを見ていても、ニット製品のフードって、すごく支持されていますよね。
多分お母さんが親子でお揃いで作った手編みのニットポンチョだったんでしょうね。
流石にママの方は普通のフードでしたが、やっぱり暖かそうでした。
ニットポンチョのフードって、ほんと暖かくて、ちょっとした時にすごく便利なんですよね。
そんなこんなを考えても、とっても実用的で重宝だと私は思ってます。
赤ちゃんといっても、もう2歳位かなぁ、近所の公園でヨチヨチ歩きしてました。

ニットポンチョで仕事に通う事自体どうかっていう声も確かにあるのはあります。
でも、どうせ職場に着いたらすぐに制服に着替えるんだし、チャリンコ通勤なんだもん、別にニットポンチョを着てったって構わないですよね。
男の子だったから、青いのを着ていたけど、ママのピンクのとデザインがそっくりでした。
以前は電車通勤だったので、ニットポンチョなんて着た事なかったんだけど、今の勤務先はバスと電車のアクセスがすごく悪いんです。

ニットポンチョのフードは、頭だけじゃなく、首筋から背中まで全体に暖かいんですよね。
それで、いっその事チャリンコ通勤にしようと思って、わざわざ新しい自転車とニットポンチョを買ったという訳です。
この間、あれはニットポンチョって言えるのかどうかはわからないんだけど、すごく可愛いフード付きのマントを着ていた赤ちゃんがいたんですよ。
ただ、冬はやっぱり寒いのがつらかったんだけど、それもフード付きのニットポンチョのお陰で何とかクリア出来ました。
まあようするに、子供っぽいとか、物によってはやや素朴感が強いっていう事で、フード付きのニットポンチョを敬遠するんだろうけど、私にはそんなの全然関係なしなし。
それに、帽子と違って、ニットポンチョのフードだったら、忘れたり亡くしたりする確立がグーンと低くなるじゃないですか。
私も最初はコートやジャンパーのフードって、なんだか子供みたいで嫌だったんだけど、実用性を考えるとそんな事は言っていられません。
友達なんかはね、フードのないニットポンチョの方がボトムスとのコーディネイトの幅が広がるから絶対いいって言うんですけどね。
勿論、私のようにニットポンチョならフード付きがいいって言う人も大勢いるし、自分の考え方や磨き方次第で、本当のコーデは決まるんじゃないかと私は思います。
因みに、自宅から職場まで自転車なら30分弱、いい運動にもなるし、災害で交通機関が乱れても安心ですよ。ニットポンチョの中でも、子供が着るんだったらやっぱりフード付きの方が可愛くて実用性もあっていいですよね。
そう言えば、ママも暖かそうなニットポンチョを羽織ってましたね。

メンズのニットポンチョ

ニットポンチョなんて、女子供の着るものだ〜!と言っていた兄貴。
編み物関連のブログやサイトには素敵なレシピが沢山載っていますよ。
一体全体どういう風の吹き回しなんだろうと思ってね、子供を幼稚園へ送り終えてから、早速母に電話して聞いてみました。
それだったらまだ子供のニットポンチョを編む方がずっと楽しいと思います。
まあ確かに、兄は毎日片道40分かけてチャリンコで通勤していますからね。
ただ、兄貴の言うように、男性はどちらかというと、ビニール製のポンチョをカッパ代わりに着ている事の方が目立ちます。
だけど、マジで独身女性には、今年のイブに向けて、是非とも頑張っていただきたいものですね、大切な人へのニットポンチョ編み。
少し器用な人なら、それを少し一工夫する事で、まさに世界で一つだけのメンズニットポンチョが作れちゃいそうですね。
ついに、あの不出来な兄貴にも春の兆しが見えて来たのだろうか。
特に自転車やバイクに乗る時は、ニットポンチョ姿の男性よりも、ビニールポンチョ姿の男性の方が圧倒的多数ですよね。
まあもっとも、うちの兄貴のファッションセンスじゃ難しいかも知れないけど・・・。
となると、クリスマスは帽子と手袋、バレンタインはついに手編みのセーターかぁ。
特にこれからの時期はニットポンチョは暖かくて重宝する事でしょう。
と、今や殆ど実家のお荷物化している兄貴のニットポンチョ姿を見掛け、あれこれ考え込んでしまったのであります。
元々男性はカーディガンよりもジャンパーという感じで、ニットよりもナイロン製の衣服を好む傾向が強いのかしら。
でも、ニットのベストや帽子を上手にコーディネイトしている男性だって結構いるし、ニットポンチョも着こなし次第よね。

ニットポンチョはメンズアパレルとしての需要はどうなんでしょうね、やっぱレディースほどはないのかしら。
それにしても、あの兄貴に手編みのプレゼントをくれるなんて、これまた一体全体どんな趣味の女の子なのかしら。
だからこそ、手編みのニットポンチョのプレゼントが映えるのではないかと私は思います。
いや、でも、今回のニットポンチョでThe Endって事も有り得るかも・・・。
というか、元々ポンチョは男女兼用の物の方が多かったのだから、メンズとかレディースとかって拘らないニットポンチョも多いのは確かでしょう。
確かに、楽天市場などの通販サイトを見てみても、メンズのニットポンチョはレディースほど抱負にラインナップされている訳ではないようです。
それに、デザイン敵にも結構偏ってる感じがありますよね。
すると、職場の後半の女の子にもらったんですって、あの紺色のニットポンチョ、手編みだそうですよ。

ニットポンチョは色柄によっては、ユニセックスデザインと言えるものも少なくないですよね。
今もし私がシングルで、恋愛真っ最中だったら編んでみたいけど、流石に旦那のは面倒だからパス。
でも、そういう兄貴の性格を知ってか知らずか、合わせやすいすごくシンプルなニットポンチョを作ってくれていたみたいなので、中々気の利く女の子だなぁっと思ってます。
あら、ビックリ、今朝たまたま見掛けたら、紺のフード付きニットポンチョを着て、いそいそと職場へ向かっているではありませんか。
それに、例え義理とは言え、せっかくもらったのだからとあっさりあの兄貴がニットポンチョを着て出かけるなんて、どう考えても怪しい。

ニットポンチョの作り方のコツ

ニットポンチョは暖かくて重宝で、しかも簡単に作れますよ、と言われた私。
ならば一つ、可愛い孫娘のニットポンチョを編んでやるかぁっと思ってね。気合いを入れてピンクの毛糸と棒針を買ったんですよね。
が、しかし、困った事に私、ニットポンチョどころか、セーターすら編んだ事がないんですよね。
あれから間もなく1年、ニットポンチョを作るどころか、未だ買った時の袋に入ったまま手つかずで放置してあります。
下手でもそれなりに暖かそうに見えるんだから、取り敢えず作ってみればいいんじゃないの、と母は言ってくれるし、私もそう思いたい気持ちは大いにあります。
それも中学と高校の家庭科の時間に半強制的にマフラーと膝掛けを作らされただけで、ニットポンチョのような衣類は作った事がありません。
それで、今年こそは作ってやろうと思って、押し入れの中からその毛糸と棒針一式を出して来ました。
結果的には自分のやる気のなさが原因で、未だ孫娘のニットポンチョは影も形もないのだろうと思います。
女の子ですし、ウサギかクマさんのようなフード付きの物に仕上げてやれれば、きっと嫁も喜ぶだろうなぁっと思っています。
それも、奮発してちょっと高級感漂うシルバーのラメ入り毛糸なんぞを買っちゃったんですが・・・。

ニットポンチョを作るとなると、やはり前身ごろだの後ろ身ごろだの、首口だの、袖口だのと、あれこれ必要になって来ます。
という事で、本当の初心者のためのニットポンチョの作り方のコツとかポイントを知りたくて、編み物関連のブログやサイトを読んでいるのですが・・・。
孫も2歳になって、外へ出る機会も増えましたから、今こそニットポンチョは必要な時期です。
まあね、仕事が忙しかったとか、母が入院したのでバタバタしていたなど、それなりに言い訳する小ネタはあるにはあるのですが・・・。
せめてベストか腹巻き、あるいは手袋か靴下でも作った経験があればなんとかなりそうな気もするんだろうけど・・・。
何せ、これまで四角い物しか作った事がないもので、いきなりニットポンチョなんて編めるのだろうかという不安が余計にやる気を邪魔します。
ただ、仕上がりの悪いニットポンチョを手にした時の嫁の反応を想像すると怖い。
ところがところが、困った事に、私の50年の人生の中で、編み物をやったのはたった2回。
ただ、意外とちょっとした作り方のコツみたいなのを教えてくれる記事が少ないと思うのは私だけでしょうか。
ニットポンチョを編みたいと思えば、やはり編み物教室に通った方がいいのでしょうかねぇ。

ニットポンチョは既製品としても沢山市販されていますが、やはり手作りはどこか違います。
まあこれはニットポンチョに限った事ではなく、どんな物でもそう、手作りはとても素敵に見えますよね。
まあニットポンチョの場合、袖はなくてもいいとしても、やはりそれ以外の部分は作らないといけないですよね。
確かにね、インターネットを見ていると、子供用の手作りニットの編み図というのは沢山出ているんですよね。
読めば読むほど期待感と不安感が広がってしまう私、ああ、どうすればいいのっていう感じです。
こんな私にも上手にニットポンチョが作れる情報サイトやブログがあったら、是非教えて欲しいですね。
そこには、やはりいくら手間と愛情を込めても下手な物は渡せないという現状があるのです。
結構簡単に作れそうなニットポンチョのレシピもゴロゴロ転がっているのは転がっています。

ケーブル編みのニットポンチョ

男性陣はまだまだ、ポンチョと言えばカッパのような使い方をしている人も少なくありません。
太めの毛糸をしっかり編み込んだニットポンチョなら、例えケーブル編みであっても、かなりボリュームにも保温性にも優れているでしょう。

ニットポンチョは袖無しならわりと簡単に編めそうな気はするのよね、編み図とか見てると・・・。
ケーブル編みと言っても、使う毛糸の色や種類で多種多様の作品が作れます。
ただ、不器用な私は、このケーブル編みすらうまく出来なくて、ママやお姉ちゃんにいつも馬鹿にされています。
男物のニットと言えば、どうしてもセーターやベストになっちゃうんですよね。
実際ニットポンチョを編み始めての感想はというと、結構面白いですよ。
でも、今頑張って作ってるんですよ、ピンクの手編みのニットポンチョをね。
だけど、いいんだ、これが手編みのニットポンチョの魅力なんだぁって開き直ってます。
でもって、運良く向いのコンビニに着て行ける位の出来映えのニットポンチョが仕上がったら嬉しいですね。
ここまでガタガタのニット製品は200パーセント市販されてないから、正しく世界に一つだけのオリジナル作品ですよ。
でも、どうなんだろう、男の人って、ニットポンチョとか着るのかなぁ。

ニットポンチョは男女を問わず着用出来るデザインのものも沢山市販されていますよね。
マフラーよりは難しいけど、手袋より簡単そう、これが最初のニットポンチョ編みの私のイメージでした。
多分、初めてニットポンチョを作るのであれば、棒針を使ったケーブル編みが最も無難だろうとも思いますね。
でも、ニットポンチョのコーディネイトを楽しんでいるのは、やっぱ女性の方が圧倒的多数でしょう。
なので、私なんかにニットポンチョが作れる訳がないと思われているようです。
私自身は、ニットポンチョを着て街角を歩いているおしゃれな男性って、あんま見た事ないような気がするなぁ。
そしたら今度は、彼氏のクリスマスプレゼントを編んでやろうとかって密かに企んでいます。
因みに、ポンチョというのはインディオの人たちが着る防寒着の事で、首を通す穴が空いている布をざっくり羽織るような形式のアウターをいうのだそうです。
なので、ニットポンチョは正式にはマントのようなものでないと駄目なんだろうけど、実際には前あきのベストのようなものも沢山市販されていますよね。ニットポンチョの中でも一番オーソドックスなのがケーブル編みのものです。
雨降りの日にチャリンコやバイクに乗る時とかに着ている人はよく見掛けるけど、当然ビニール製の防水ポンチョで、ニットポンチョじゃない。
ケーブルニットポンチョについては、既製品も手作りも含め、すごく沢山ブログやサイトで紹介されていますよね。
そういうブログやサイトも参考に、なんとかいいニットポンチョが出来上がるように頑張っているところで〜す。
でも、予想通り編み目が全然揃ってなくて、思い切り苦戦してますけどね。
取り敢えず目標は部屋着として堂々と家族の前に着て出られる作品。
まあもっとも、お尻がすっぽり隠れるようなちょっと長めのベストはニットポンチョと見なすべきなのかも知れませんけどね。
それで、ケーブル編みの腕を磨くのにはちょうどいいと思って編み始めたんです。
その作り方からお勧めのポンチョ、そしてそのコーディネイトまで・・・。
自分でも正直、う〜ん、ちょっと難しいかなぁっと思わなくはありません。

ニットポンチョのコーディネイト

流石は最新のトレンディーアイテム、皆さんいろいろ工夫して、自分なりのコーディネイトを楽しんでいらっしゃいますねぇ。
最近毎年ニットポンチョが流行る理由はよく解るような気がしますね。
特に、前あきのAラインタイプのものだと、袖があってもなくても取り敢えず羽織るには最高。
そういう意味で、ワンピースとしてのコーディネイトにも大いに関心を持っているという訳です。
自分には難しくても、人のコーディネイトを楽しませてもらうのなら問題ないでしょうと思ってね。
しかも、タートルネックのチューブ式ニットポンチョなら、一枚着もOK、チュニック代わりにもなってとってもおしゃれです。
という事で、今のところはニットポンチョの一枚着には挑戦しようと思わない事にしているんだけど、内心はちょっとやってみたいかなぁ、ニーハイブーツとのコーデ。
最近はニットポンチョのコーディネイトを取り上げたブログやサイトなんかも時々覗いています。
そうね、膝位まであれば暖かいし、上手に色やデザインの合うタイツと組み合わせればいいわよねぇ。
上着としてのニットポンチョもありだけど、ワンピースとしても十分ありだろうと私は思います。
特に自分で作ったものなら、尚更コーディネイトがしやすいですものねぇ。
膝上までのやや短めのショートパンツに、やや短めのニットポンチョを羽織ってニーハイブーツを履く若い女性も多いようです。ニットポンチョって、暖かいし、意外とコーディネイトも楽じゃないですか。
寒くても平気で肌が見せられる間に、存分にブーツとのコーデやニットポンチョの沢山の着こなしをエンジョイして欲しいですね。
ただ、雑誌の場合はモデルの方にしても、やはり皆さんスタイルがいいじゃないですか。

ニットポンチョは袖無しのAラインタイプも多いので、中にタートルネックのインナーや薄手のセーターを着てもグッド。
だけど、実際に自分が同じアイテム同じように着こなせるかというと、これが非常に微妙。
まあね、だからその中でうまく楽しめて、それなりに流行が出せればいいかなぁっと私は思っています。
やはり自分に似合うニットポンチョのデザインというのはある程度決まって来るでしょう。

ニットポンチョはあくまでも防寒着としてとらえるべきだという単純な考え方は、私自身は好きじゃないのね。
ただ、私位の年齢になると、悔しいけど、母の言う通り、ニットポンチョは所詮は防寒着という着こなしについついなりがちだという現実もあるのよねぇ。
まだコートを着るには早いし、カーディガンじゃちょっと寒いかもっていう秋口に重宝するのがニットポンチョではないだろうかと思います。
そして、出来る事なら、いくつになってもそれが似合う素敵な女性でいて欲しいと願っています。
もともとポンチョは被って脱ぎ着をするタイプの中南米の民族衣装だったんですよね。
だからこそ、若い皆さんには声を大にして言いたい、今のうちかも知れませんよ、いろんなコーディネイトが楽しめるのは・・・。
この時期になると、こうしたニットポンチョのコレクション集は、ファッション雑誌にも沢山取り上げられています。
うちの母親なんかは、ニットポンチョはあくまでもベストやカーディガンと同類だって言うけど、出来れば別物として捕らえたいといつも考えています。
街でおしゃれなニットポンチョコーデを見ると、ついついいいなぁっと思ってしまうアラフォーの私。
だから、どんなニットポンチョでどんなコーディネイトをされても、実によくお似合いなんですよね。
こうして考えると、多種多様のニットポンチョで多種多様のオータムファッションをエンジョイする事が出来るんですよ。

ニットポンチョの編み図

特に、これいいなぁって思うような動物の顔が背中にあるようなのは何色もの毛糸を使って作らないといけないのね。
それだけ、自分でニットポンチョを編んでみたいと思われる方が増えたという事なのでしょう。
今や編み図はインターネットからダウンロードしたりプリントアウトしたりするのが主流の時代。
母が元気だった頃に、もっとちゃんと編み物を習っておけばよかったと、思い切り後悔するのであります。ニットポンチョの編み図、ここ数年、ホント増えましたよねぇ。
私のような不器用な人間が初めてニットポンチョ編みに挑戦するのであれば、この手のタイプを選ぶのがベターと言えるでしょう。
取り敢えずは春に産まれた姪っ子のニットポンチョでも編んでやるかなぁ、赤ちゃんようならちっちゃいし、まあ比較的簡単に編めるでしょうからね。
着用する機会やコーディネイトの幅も広がるというものですよね。
確かに従来のビニール製のポンチョも防寒性や防水性には優れていていいけどね。
個人的には縄編みで出来る前あきタイプのニットポンチョがいいかなぁっとは思うんですけどね、さてさて、いかがなものでしょう。
そして、世界に一つだけのマイニットポンチョコレクションが作れちゃいそうです。
ニットポンチョの方がずっと暖かそうだし、おしゃれじゃないですか。
子供用や赤ちゃん用のニットポンチョの編み図というのも沢山公開されています。
確かに、市販されている女性用のニットポンチョも、袖無しのAラインが多いような気がします。
それに、袖無しの方が、少ない毛糸と少ない時間で出来ますからね。
一昔前までは、セーターやカーディガンは沢山あっても、ポンチョの編み図なんて、ほとんど載ってなかったのにね。
一つ私も、今年は手編みのニットポンチョに挑戦してみようかなぁ。
加えて、前あきにするか、後ろあきにするか、チューブ式にするかでも手間は随分変わって来ます。
腹巻きにしてもマフラーにしても手袋にしてもそうだったんだけど、編み図だけ見てると、簡単に出来そうな気はするんですよね。
でも、いざ作り始めると中々思うようにいかないという経験が多々あるので、ニットポンチョのような大きい作品は尚更でしょう。
ウェブ上には沢山の編み図専門のサイトがありますが、その殆どにニットポンチョは載っています。
編み方もデザインもよりどりみどりっていう感じで、毎日でも違うポンチョが編めそうですよ。

ニットポンチョは手作りが可能なアイテムだけに、ママの腕の見せ所と言ったところなのでしょうか。
それだけニットポンチョが一般的に着用されるようになったという事なんでしょうね。

ニットポンチョの編み図を見ていると、やはり袖無しのAラインのものが主流なんですね。
意外と手が込んでいて、デザイン面では、大人用のニットポンチョよりもずっと難しそうなのも少なくありません。
だけど、子供用や赤ちゃんようのグッズって、やっぱ少しでも可愛く仕上げたいと思う親心からなんでしょうかね。
ニットポンチョだから基本的には縄編みだけで仕上げられるには仕上げられるみたいだけど、当然、それなりに手間が掛かりそうです。
と、こうして編み図を見ているだけでワクワクしたり、ガッカリしたりと大忙し。
この現象は編み物関連のブログやサイトを覗いても全く一緒で、参考になるニットポンチョの情報が多ければ多いほど複雑な心境に陥ってしまうのであります。