カテゴリー別アーカイブ: メイク

秋こそ【ペディキュア】女子力アップ

【ペディキュア】はやっぱり人目に付いてこそ値打ちのあるもので、秋にはわざわざする意味ないないと言う友達がいます。

確かに、秋になれば、素足で出歩く機会はめっきり減りますから、まあこれも一理あると言えば一理あります。

それに、やっぱり【ペディキュア】は素足にミュールで歩き回る夏場が一番アピール出来るシーズン。

秋になれば、おしゃれ先取りとかと言う人は、ブーツになってしまいますから、必要ないというより、邪魔になる部分も否めないのかもしれませんね。

が、しか〜し、おしゃれ女子は、秋になっても【ペディキュア】はやめられない。

特に私なんかは、例え人目につかない季節でも、隠れたチャームポイントとして、手抜きしたくないなぁとかって思いますね。

秋の【ペディキュア】こそが女子力アップの決め手かも・・・って考えてる位です。

 

【ペディキュア】は今や春夏秋冬を問わず、一年を通じてしっかりとやるのがおしゃれ女子の鉄則。

春や夏だけでなく、秋には秋の、冬には冬の重要視するポイントが沢山あります。

特にファッションセンスに磨きを掛ける秋は、【ペディキュア】にも磨きを掛けたいところ。

秋を代表するボルドーカラーや意外や意外にホワイト系も映えるんです。

中でも秋色系の赤を基調にした【ペディキュア】は、デザインそのものはシンプルでも、インパクト大ですからね。

正しくおしゃれは足下からという言葉を実践してくれるんですよね。

また、秋になれば、人目に付きにくい分、大胆な【ペディキュア】にも挑戦しやすいでしょう。

失敗したってだれにも分からないんだ〜っという気持ちで、いろいろトライしてみるのも楽しいかも知れません。

秋から冬に掛けて磨いた【ペディキュア】の腕前が、春から秋に必ず生きて来ますものね。

 

【ペディキュア】を取り扱っているネイルサロンやフットサロンでは、やはり春から夏に掛け手がかき入れ時。

有り難い事に、秋になると割引価格になるサロンも少なくありません。

なので、日頃は自分で【ペディキュア】をやっている人も、たまにはそうしたサロンでプロの技を体験されるといいでしょう。

流石はプロのネイリストたち、お勧めの秋色カラーや施術もひと味違います。

これもまた、秋に学んだ事が貼るから夏に掛けて生かせる【ペディキュア】のポイントの一つです。

それに今の世の中、秋でも足の爪のメイクは肝心という考え方はすっかり定着しています。

その証拠に、美容関連のブログやサイトには、秋の【ペディキュア】デザインというのが沢山紹介されていますから、是非ごらんあれですよ。