カテゴリー別アーカイブ: シューズ

ウエッジソールのミュール

【ミュール】って気楽な履物だとばかり思っていたのに、意外にも、その定義の複雑さ故、迷宮にハマってしまっております。

今回のお題はウエッジソールの【ミュール】ということですので、今回こそは大丈夫でしょう。

どう考えてもこれは、【ミュール】の中のデザインの一つですからね。

ではウエッジソールの【ミュール】がどのようなものか、ちとご紹介いたします。

ウエッジソールは【ミュール】以外にも使われてますが、かかとの部分のデザインの特徴ですね。

ヒールは高いのに土踏まずのところがくぼんでいなくて、かかとからつま先方向へ向かうにつれ厚みが低くなっていく形をウエッジソールと呼ぶそうです。

ですから、靴底がそういう形のデザインのつっかけのことを、ウエッジソールの【ミュール】と呼んでおります。

 

【ミュール】にもいろいろな種類があるわけですね。

そんな中、ウエッジソール【ミュール】は人気が高いといえるでしょう。

私は【ミュール】好きですが、残念ながらウエッジソールものは履きません、履けません。

試し履きをしてみたことがありますが、立っているのがやっとでした。

ウエッジソールの【ミュール】を履いてどうやって歩けるのだろうかと考えたのですが、愛用者に若い女性が多いところからその方法が判明しました。

きっとウエッジソールの【ミュール】を履くときには殿方にすがって歩くのではないでしょうか。

おばちゃんの脳みそでは、ウエッジソールの【ミュール】での外出は、介護なしには履いて歩けないと思うのです。

もしくは足首に添え木をするとかして補強しておかないと危ないでしょ。

足首グキっとなってしまう人が多発して、ウエッジソール【ミュール】保険なる商品も発表されるのではないかと危惧しております。

 

【ミュール】だけでなく、ウエッジソールのサンダルというのも30年ぐらい前に一世を風靡したのをご存じでしょうか。

当時、六本木や渋谷のディスコではみんながこぞって履いていました。

【ミュール】でもサンダルでも、私にはウエッジソールは履けません。

いまでこそ高身長の女子は多くなりましたが、30年前には男子と比べても高い身長だからして、そのうえヒールなんて履くのはご法度だったのです。

【ミュール】はずいぶん昔からヨーロッパでは履かれていたそうですが、30年前には聞かれませんでしたね。

もしその頃に【ミュール】があったとしても、私はやっぱりサボ系のぺたんこスタイルで闊歩していたことでしょう。