月別アーカイブ: 2012年5月

ギャザー入りハンドメイドブラウス

すると思った通り、参考になるハンドメイドブラウスのブログやサイトがいくつか見付かりました。 スカートなら逆にギャザースカートが一番簡単なような気がするけど、ハンドメイドブラウスとなると話が全く別。 ただ単にスカートの裾部分と同じようにぐし縫いをすればいいというものではないと思うんですよね。 だからなのでしょう、学生時代にギャザースカートの縫い方は習ったけど、ギャザー入りのハンドメイドブラウスの作り方は習いませんでした。 でも、母親としてはやっぱり一人娘の衣装には拘りたいし、ハンドメイドブラウスを着せると決めた以上は、史上最高級のものにしたい訳ですよ。 ネットでハンドメイドブラウスについて調べれば、きっといいアイデアがもらえると思ったからです。 実は私、このところ、なんでもかんでもネットに頼るのはよくないと思ってね、何事も自分で考えたり、あえて本屋さんで本を探したりするようにしていたんです。 やっぱハンドメイドブラウスはあくまでもカジュアルで、フォーマルは既製品にした方がいいのでしょうか。 いえね、来月一番下の妹が結婚する事になって、5歳の娘は生まれて初めての披露宴に出席します。 だから、ギャザースカートが作れれば何とかなるだろうというものではありますが、その袖口や襟元のギャザーのぐし縫いがうまく出来ないんですよねぇ、私の場合。 ハンドメイドブラウスなら、別にギャザーに拘らなくても、フリルやリボンでも付けてやれば、十分可愛くなるんじゃないかっと母や妹は言います。 そういうちょっとだけフォーマル系のハンドメイドブラウスなら、私もこれまでに何度か作った事がありますからね。 それこそ一生に一度の晴れ姿を演出するハンドメイドブラウスになるんです。 卒業試験でウエディングドレスを作ったという家政科に通っていた友人ですら、そう言えば、ギャザーブラウスの縫い方は習わなかったような気がすると言っていました。 だって、周囲を見回しても、恐らく娘が大人になるまでに結婚式に出る機会はもうないと思うから・・・。 胸元にパンダの刺繍でも入れて、可愛く仕上げられる自信はそこそこあります。 気合いを入れるなと言われても、ついつい入ってしまうのが親ばかであり、親心というものでしょう。ハンドメイドブラウスでギャザーブラウスを作るのって、やっぱり難しいですよねぇ。 ハンドメイドブラウスで娘のギャザーブラウスを作る親ばかな母の夢、絶対に諦めないですよ。 まあ最も、ハンドメイドブラウスで袖口や襟をぐし縫いすれば、ギャザーブラウスが作れる事は作れるんです。 活字離れとネット依存症を予防すべく頑張っていたんだけど、流石に今回のハンドメイドブラウスについてはギブアップ。 とは言っても、ギャザー入りのハンドメイドブラウスが中々うまく出来なくて頭の痛いところなんですけどね。 ハンドメイドブラウス、それも子供向けとなると、実に沢山情報掲載されています。 なので、出来ればハンドメイドブラウスを着せてやりたいと思っているのですが、これまでに2度失敗し、半ば挫折しかけています。 やっぱ静止画の書籍よりも、動画のネットの方が、ずっと分かりやすいのは否めないですものね。 ハンドメイドブラウスの型紙や作品集を掲載して下さっているブログやサイトもいっぱいありますね。 これでほっと一息、気を取り直してまた何とか頑張れそうです。 さてさて、どうしたらいいものなのか、困り果てた私は、ついにインターネットに頼る事にしました。