月別アーカイブ: 2012年7月

手作りポーチの簡単な作り方

手作りポーチの作り方は大変簡単で、型紙が無くても作ることができます。
ですから手作りポーチの作り方は、お裁縫が苦手という方でもチャレンジすることができるでしょう。
ですから、手作りポーチの作り方を覚えて、ハンドメイドを楽しみましょう。
また、お裁縫が得意な方なら、様々なところに凝った作り方をして、周囲をあっといわせるような素敵な手作りポーチを作ることができるのではないでしょうか。
子どもが小さなおもちゃを持ち歩いたり、ハンカチやティッシュを持ち歩くために手作りポーチの作り方を覚えて作ってあげるママがいます。
手作りポーチの作り方を覚えて作ってあげると、幼稚園や保育園へ行くときに持つ園バッグの中の整理が楽になるでしょう。

手作りポーチの作り方のポイントは、布の選び方にあります。
また、花柄の布の手作りポーチを作るという作り方をしても、華やかな席にぴったりな小物を作ることができるでしょう。
布を好みの大きさに四角く裁ち、1辺にファスナーをつけ、残りをぐるりと縫うという作り方をするだけで、手作りポーチは出来上がってしまいます。
ポーチはよく使うものですから、手作りポーチはいくつあっても邪魔にはなりません。
ドレスに合わせた華やかな手作りポーチを作りたいと考えている方は、サテンといったツヤのある布で作るという作り方をすると良いのではないでしょうか。
和風の柄の布を選べば、難しい作り方を覚えなくても、簡単に和風の手作りポーチを作ることができます。
ただ、絵を描くことが苦手なママもいますから、手作りポーチを作るときは、ワッペンを用いた作り方も良いでしょう。
和風の柄の布を四角く裁ち、1辺にファスナーをつけて、残りをぐるりと縫うという作り方で、浴衣にも似合う手作りポーチが簡単に作れます。

手作りポーチを子どもに作ってあげるので、作り方を覚えたいというママもいるでしょう。
子どもに持たせる手作りポーチの作り方ですが、今はキャラクターを用いた作り方が人気を集めています。
子どもが好きなキャラクターをあしらった手作りポーチの作り方を覚えれば、子どもが喜んで持ち歩いてくれるポーチを作ることができるでしょう。
手作りポーチにあしらうキャラクターの作り方ですが、子どもが好きなキャラクターをママが描いて、フェルトで切り抜いて作るという作り方をするママが多いようです。
ですから、和風小物を持ち歩きたいという方は、和風の柄の布を選んで、手作りポーチの作り方を実践すると良いでしょう。
そして、子どものため手作りポーチを作るなら、ファスナーに注意する作り方をすると良いと思います。
子どもが自分の手で開け閉めが楽に出来るファスナーを用いた手作りポーチなら、子ども1人でもポーチを扱うことができます。
酵素ドリンクダイエット