ウエッジソールのミュール

【ミュール】って気楽な履物だとばかり思っていたのに、意外にも、その定義の複雑さ故、迷宮にハマってしまっております。

今回のお題はウエッジソールの【ミュール】ということですので、今回こそは大丈夫でしょう。

どう考えてもこれは、【ミュール】の中のデザインの一つですからね。

ではウエッジソールの【ミュール】がどのようなものか、ちとご紹介いたします。

ウエッジソールは【ミュール】以外にも使われてますが、かかとの部分のデザインの特徴ですね。

ヒールは高いのに土踏まずのところがくぼんでいなくて、かかとからつま先方向へ向かうにつれ厚みが低くなっていく形をウエッジソールと呼ぶそうです。

ですから、靴底がそういう形のデザインのつっかけのことを、ウエッジソールの【ミュール】と呼んでおります。

 

【ミュール】にもいろいろな種類があるわけですね。

そんな中、ウエッジソール【ミュール】は人気が高いといえるでしょう。

私は【ミュール】好きですが、残念ながらウエッジソールものは履きません、履けません。

試し履きをしてみたことがありますが、立っているのがやっとでした。

ウエッジソールの【ミュール】を履いてどうやって歩けるのだろうかと考えたのですが、愛用者に若い女性が多いところからその方法が判明しました。

きっとウエッジソールの【ミュール】を履くときには殿方にすがって歩くのではないでしょうか。

おばちゃんの脳みそでは、ウエッジソールの【ミュール】での外出は、介護なしには履いて歩けないと思うのです。

もしくは足首に添え木をするとかして補強しておかないと危ないでしょ。

足首グキっとなってしまう人が多発して、ウエッジソール【ミュール】保険なる商品も発表されるのではないかと危惧しております。

 

【ミュール】だけでなく、ウエッジソールのサンダルというのも30年ぐらい前に一世を風靡したのをご存じでしょうか。

当時、六本木や渋谷のディスコではみんながこぞって履いていました。

【ミュール】でもサンダルでも、私にはウエッジソールは履けません。

いまでこそ高身長の女子は多くなりましたが、30年前には男子と比べても高い身長だからして、そのうえヒールなんて履くのはご法度だったのです。

【ミュール】はずいぶん昔からヨーロッパでは履かれていたそうですが、30年前には聞かれませんでしたね。

もしその頃に【ミュール】があったとしても、私はやっぱりサボ系のぺたんこスタイルで闊歩していたことでしょう。

ミュールとサンダル

【ミュール】はサンダルよりも脱ぎ履きしやすくて便利だと思うのですが、皆さんも愛用されてますでしょうか。

しかしあれですね、【ミュール】というのは、ちょっとコウモリみたいな存在ではないかと思うんですよ。

靴でもなくサンダルでもなく、中途半端な位置にいるのが【ミュール】ですから。

でも【ミュール】の形状が中間だからこそ、きっと16世紀から今に至るまで世界各国でのニーズがあるのでしょう。

昔から言うではありませんか、「帯に短し、たすきに長し」と。

【ミュール】は正にぴったりとここにハマっているわけですよ。

きっと、サンダルがもっと楽にならんのかい、ってことでできたのでしょうから「必要は発明の母なり」という言葉も【ミュール】には当てはまりそうですね。

 

【ミュール】が一般的に履かれるようになってから、サンダルの売れ行きは落ちているんじゃないかと思うのですけど。

あ、違いますね、サンダルというよりも、つっかけの売り上げががっくり落ちたでしょうね。

サンダルの面倒臭さを取り除いたのが【ミュール】ではありますが、いまいちダサかったつっかけが、グッとおしゃれになったわけですから。

しかも、サンダルは夏専用なのに対して、【ミュール】は冬用もあるじゃないですか。

サボとも呼ばれたりしますが、外がジャガード織で内側にボアがついてて暖かそうな【ミュール】ってカワイイですよね。

ファッション誌で海外セレブが冬でもパーティとかでキラキラのサンダルを履いているのを見たことはありますが。

今後もサンダルと【ミュール】の激しいせめぎ合いは続くことでしょう。

 

【ミュール】の難点は、駅の階段を降りるときに、うるさい音を出してしまうところだと、私的には思っているのです。

その点サンダルは、足とサンダルがしっかりついているから普通に歩いていればそんなにうるさくはありません。

ところが【ミュール】の場合、一生懸命つま先で足と引っ付けようと頑張っても、どうしてもカツカツカンカンと音が出てしまうんですよね〜。

あれ、駅構内に響き渡って恥ずかしいんですけど。

だから【ミュール】を選ぶときは、ヒールの材質もチェックした方が良いのではないかしら。

それと、【ミュール】を履くときは、かかとのお手入れもしっかりしないと。

階段を上がるときやエスカレーターに乗った時は特に丸見えですからね。

さて、同じデザインの【ミュール】とサンダルがあった時、どちらを選ぶかは考え物ですな。



【ステテコ】のはき方

【ステテコ】は基本インナーですが、最近はその用途もはき方も実に様々です。

最も多いのがルームパンツとしてのはき方で、ついでワンマイルウェア。

という事で、【ステテコ】イコール、ズボン下という位置付けは完全に奪回されているようです。

因みに、ワンマイルウェアというのは、1マイルの距離、即ち、自宅の近所を歩き回る時に着用する衣類という意味。

まあコンビニに買い物に行く時なんかにもOKという事なんでしょうけど、皆さんは【ステテコ】姿でコンビニにおにぎりやアイスを買いに来ている人を頻繁に見掛けますか。

それに、1マイルはキロ換算にすると、1.6キロを超えますから、徒歩で有に15分〜20分は掛かる距離ですよ。

そうなると、もう近所とは言えなくなるし、それだけの範囲を歩き回るというのは、かなり勇気のいる【ステテコ】のはき方ではなかろうかと、私なんかは思ってしまいますね。

 

【ステテコ】のはき方は人それぞれ、直履きする人もいれば、ショーツやパンツの上に履く人もいるでしょう。

ただ、最近流行りのルームウェアやワンマイルウェアとしてのはき方をするのであれば、それはもうインナーではなくアウターですからね。

やはり下着をきちんと着けた上で【ステテコ】を着用するというのが正しいはき方なんだろうと思われます。

何せ、オヤジですらも、昔は直履きが主流でしたが、今はパンツの上に履く人が圧倒的多数だそうですからね。

事実、【ステテコ】は立派なアウターだと謳っている大手スポーツメーカーでは、ショーツやパンツの上に履くのが当然のはき方だと断言しています。

ただし、ユニクロの見解はちょっと面白くてねぇ、ルームパンツやワンマイルウェアとして着用するならそれでOK。

でも、正真正銘の【ステテコ】の使用法、即ち、ズボン下インナーとしてのはき方であれば、是非直履きをお勧めしたいとの事です。

 

【ステテコ】のはき方は、やはりデザインによっても異なって来ますが、結局は本人の見解に委ねるところが大きいのでしょう。

まあよくよく考えてみれば、キャミソールだってそう、元は下着だったんですものね。

そうなると、キャミソールに【ステテコ】というコーデは、実に涼しげでアクティブではあります。

しかし、かなり勇気の要るはき方なのかも知れませんよ。

それでも、ファッション関連のブログやサイトを読んでいると、今年の夏は【ステテコ】が思い切りブームを呼びそうな予感ですよね。

という事で、皆さんもそんな【ステテコ】ブームに乗り遅れないように、一日も早く自分なりのはき方と位置付けを定められる事をお勧めします。



ナイキ