【ペディキュア】を綺麗に塗るコツ

【ペディキュア】を綺麗に塗るコツ、いろいろあるとは思うのですが、一気に全部実践するのは難しいよ〜とかって思われていませんか。

だとしたら、その思い込み自体がNG、心を入れ替えて出直しましょう。

て、偉そうな事を言ってしまいましたが、実際問題、【ペディキュア】を綺麗に塗るコツというのは、一気に全て実践出来るものばかりなんです。

何故なら、小道具をちゃんと揃えるとか、それなりの色のポリッシュを選ぶとかすればいいだけだからです。

特に、一番の【ペディキュア】を綺麗に塗るコツは、事前に爪のお手入れをちゃんとしておく事。

ここで、仕上がりが決まると言っても過言ではない位の基本中の基本ポイントです。

私自身は、爪のケアをする前に、【ペディキュア】を綺麗に塗るコツなんて考えない事だろうと思いますね。

 

【ペディキュア】は足の爪に塗るものですから、どんなに綺麗に塗るコツを知っていても、その土台となる爪がガタガタでは話になりません。

なので、まずは爪を綺麗に切りそろえ、さらに表面をやすりで磨いて平らにします。

これはどんな【ペディキュア】の塗り方のコツにも上げられている事で、これが全体の半分以上を占めると言っても過言ではないでしょう。

後、ポリッシュと呼ばれる液体塗料の中には、斑になりやすい色となりにくい色があります。

そこで、斑になりにくいポリッシュを選ぶのも、【ペディキュア】初心者の方に取っては重要なコツの一つです。

初めは自分では分からないだろうと思いますので、先輩ネイリストやお店の店員さんに相談されるといいでしょう。

この爪のお手入れと斑になりにくいポリッシュを選ぶ事さえクリアすれば、【ペディキュア】を綺麗に塗るコツのもう80パーセントはクリアしたようなものです。

後はもう一つ、小道具としてトゥセパレーターと呼ばれる健康器具を準備されるのがコツ。

これも実際には、【ペディキュア】をやる人なら大抵ご存じの部分なんですねぇ。

 

【ペディキュア】を綺麗に塗るコツが知りたいとおっしゃる方の大抵は、やはり指と指とがくっつく事によってはみ出したり斑が出来る事を悩んでおられます。

そこで、指と指の間に破産で外反母趾を改善するトゥセパレートという器具を使うと、一気にその悩みが解決出来るという訳です。

最近では【ペディキュア】ようの小道具としてネイルグッズを取り扱うショップやコスメショップにも当たり前のように売られていますね。

でも、もし手元にこのセパレーターがなければ、ガーゼやコットン、それにティッシュペーパーを丸めて挟む事で代用出来るという事もコツとして伝授しておきましょうか。

という事で、決して難しくはない【ペディキュア】を切れに塗るコツ、他にもいろいろあると思いますので、さらに関連のブログやサイトでも調べてみられるといいでしょう。

ラインストーンを使った【ペディキュア】

【ペディキュア】にさらに個性をアップさせるために付けたいのがラインストーン。

確かによくよく考えてみれば、手の指ほど足の指は動かさないし、細かい作業に使う訳でもない。

という事は、マニキュア以上に【ペディキュア】の方がラインストーンは使いやすいようにも思えます。

が、しかし、足という部位は、出先で裸足で歩き回るという事の非常に少ない部位です。

ですから、靴の脱ぎ履きによって、すぐに【ペディキュア】やラインストーンが剥がれてしまうというネックもあるんですよね。

それを懸念して、ジェルネイルやラインストーンをパスしている人も多いだろうと思います。

けれど、素足にサンダルのファッションに【ペディキュア】はつきもので、そこにラインストーンやジェルネイルが加えられれば最高だというのもまた事実なのであります。

 

【ペディキュア】そのものが剥がれやすいのか、ラインストーンが剥がれやすいのか、これがまず大きな問題でしょう。

そして、ラインストーンが剥がれやすいという方の多くは、足の指全てに付けていらっしゃる事が多いように思えます。

確かに私も、足の指10本全てにラインストーン付きの【ペディキュア】をした事があります。

でも、私の場合は、元々足自体が小さいため、指も小さく、ラインストーンを付けても、邪魔になるだけだという事が判明。

今では全部の指に【ペディキュア】は塗ってますが、ラインストーンは親指だけに付けています。

それでも十分インパクトはあるし、むしろ、全部に付けるよりも映えてるんじゃないかと思いますね。

自分ではこのワンポイントのラインストーンを強調させた【ペディキュア】、かなり気に入っています。

後、これは友達がやっているのですが、ラインストーンが剥がれないように、ジェルでしっかりと固めるという手もあるようですよ。

という事で、ラインストーン付きの【ペディキュア】が苦手だと言われる方も、めげずにいろいろ研究されてみるといいのではないでしょうか。

 

【ペディキュア】に使うラインストーンは、それほど高価なものでなくてもいいだろうと思います。

最近はネット市場に沢山専門店があって、いろいろなポリッシュやラインストーンがうられていますよね。

中には、カラーポリッシュとそれに合うラインストーンを組み合わせた【ペディキュア】セットみたいなのもあれこれラインナップされています。

しかも、そうしたセットは比較的リーズナブルなので、いろいろと揃えてみられると楽しいかも知れません。

後、関連のブログやサイトにも、ラインストーンを使った【ペディキュア】のデザインがいっぱい紹介されていて、見るとたちまちトライしたくなっちゃいますね。

【ペディキュア】のマーブルアート

【ペディキュア】初心者の方にお勧めだと言われるマーブルネイルやピーコックネイル。

見た目は難しそうだけど、初心者にお勧めという位で、実際にはそれほどでもないでしょう。

それに、【ペディキュア】初心者だって、単色の単純なデザインじゃつまんない、いろいろなデザインにチャレンジし、個性あふれるネイルアートを楽しみたいものですものね。

因みに、マーブルというのは大理石模様の事で、使用するポリッシュのカラーによっては、かなり華やかに仕上がります。

もう一つ【ペディキュア】初級編とされているのがクジャク模様のピーコックネイルですから、まずはお好みで選択されるといいでしょう。

マーブルネイル、ピーコックネイルともに、最終的にはラインだけを引いて仕上げられるアートです。

そして、こうしたラインアートの【ペディキュア】を総称して、「ドラックアート」と呼びます。

 

【ペディキュア】初心者の方にとって、一番難しいのが、斑なくポリッシュを塗布する事だろうと想われます。

だとしたら、勝手に液体が広がって行ってくれるのを活かして仕上げるマーブルはとってもイージー。

確かに、手際の良さが決め手の【ペディキュア】でもありますが、まあ大抵の方は、そこそこ綺麗なマーブル模様に仕上がります。

もし失敗したら、全面にラメを塗ってごまかせばいいだけですしね。

て、最初から失敗する事を前提に話をするなと怒られちゃいそうですが、誰だっていきなり上手に【ペディキュア】が出来る訳じゃないんです。

何度となく、こうした裏技混じりのマーブルアートを作りながら、徐々に徐々に上達して行くもの。

やはり【ペディキュア】もマニキュアと同じで、ガンガン練習する事が大切です。

そして、その素材としてマーブルやピーコックがお勧めという訳ですね。

ネット上のブログやサイトを参考に、いろいろなマーブル【ペディキュア】を楽しまれるといいと思いますよ。

 

【ペディキュア】の中でも比較的容易なマーブルアートですが、実は実は、そのデザインの幅は実に幅広いんです。

それに、最初は2色から始め、慣れて来たら3色にして、さらにトッピングをするようになれば、益々その幅は広がります。

実際、このマーブルアートの【ペディキュア】だけでブログやサイトを開設している人もいる位、奥深いものなんです。

それに、一度拘り出すと、妙にとことん拘りたく成っちゃうのがマーブルのような単純なデザインなんですよね。

という事で、私自身、関連のブログやサイトを参考に、益々マーブルアートの【ペディキュア】を極めたいと思っているのであります。

【ペディキュア】からジェルネイルを楽しむ

【ペディキュア】もいいけど、ジェルネイルもいいなぁっとかって思っている人は多いですよね、きっと・・・。

でも、ただですらも剥がれやすい足の爪のメイク、それにジェルネイルが出来るのかどうかというのが一番迷うところでしょう。

実際問題、【ペディキュア】だってすぐにNGになってしまうという人は少なくありません。

となると、ジェルネイルなら尚更割れたり剥がれたりという不安が出て来るのも無理ないでしょう。

だけど、実際にはそれこそ当たって砕けろで、【ペディキュア】同様、ジェルネイルも案外耐久性はあるものです。

事前にきちんと爪とその周辺のケアをしてから施せば、全然大丈夫だったりなんかすると思いますよ。

それに、今もうすでに【ペディキュア】をやっていらっしゃる人なら、より一層イージーに取り入れられるものと思われますね。

 

【ペディキュア】というのはフットケア全体の事を示し、特に日本では、足の爪のメイクの事を示します。

つまり、手の爪のマニキュアに代わるものだという事ですね。

だとしたら、ジェルネイルも立派な【ペディキュア】の一種だという事になるのであります。

まあ私に言わせれば、足の爪をジェルネイルにするかしないかというのは、ジェルネイルとスカルプチュアの違いがよく分からな〜い、なんて言っているようなものですよ。

と言うと、ここでまた、【ペディキュア】の話から、なんでいきなりスカルプチュアの話になるんだと思われるかも知れません。

でも、その位、真剣に悩む必要なんてないないという事が言いたいのであります。

という事で、もっとお気楽に、ガンガン、シンプルな【ペディキュア】からジェルネイルまでを楽しみましょう。

因みに、スカルプチュアというのは、爪の上にジェルや樹脂などを塗布する事そのもので、ジェルネイルはスカルプチュアの一種なんですね。

なので、それを足の爪に当てはめて言うと、ジェルネイルはスカルプチュアの一種で、そのスカルプチュアは【ペディキュア】の一種という事になるのであります。

 

【ペディキュア】も単にポリッシュを塗って色づけするだけではつまらない、上手にジェルネイルを取り入れて、益々個性とチャームポイントを確立しましょう。

ただし、やはり足の爪は靴の脱ぎ履きなどで痛めやすいですからね。

【ペディキュア】にしても、ジェルネイルにしても、最初はサロンできちんと手入れしてもらってからやってもらった方がいいでしょう。

そして、ついでにコツなどもプロのネイリストさんたちからちゃっかり聞いちゃいましょう。

それから、関連のブログやサイトのデザインを参考に、自分で【ペディキュア】やジェルネイルを楽しまれるといいでしょうね。

【ペディキュア】のデザインあれこれ

【ペディキュア】はやっぱり夏場が決め手のおしゃれっという事で、毎年ゴールデンウィークの前位になると、いろいろなデザインが発表されます。

発表されると言っても、別に公式的なものがある訳ではなく、個人が考えたデザインがネット上や雑誌などで掲載されるというだけのものなんですけどね。

それでも、ついつい単純になりがちな【ペディキュア】のデザイン。

少しでもそういう記事を参考に、自分でもオリジナルのデザインを研究してみるというのも楽しいでしょう。

まあ最初は、原色をガンガン使うという派手系の【ペディキュア】から始め、徐々にデザインに拘りを持って行くというのがお勧めですけどね。

最終的にはグラデーションネイルやジェルネイルが取り入れられるところまで進化出来れば最高です。

皆さんもきっと、オリジナルデザインの【ペディキュア】を一般公開出来ますよ。

 

【ペディキュア】は足の指に施すマニキュアですから、全ての指でデザインを楽しむというのは、ちょっと難しい。

というより、無駄なような気もするので、特にラインストーンなどを使ったデザインにするのであれば、親指のみでOKでしょう。

あとはラメなどで軽くインパクトを持たせると言ったデザインの【ペディキュア】なら、比較的オーソドックスで仕上げもイージーです。

ラメ入りのカラーポリッシュを使ったグラデーションネイルなんていうのも素敵ですしね。

今やラメ入りネイルは定番中の定番で、足の指だって決して例外ではありませんから、爪の形や大きさなんてお構いなし、ガンガン光り輝く指先を見せつければいいのです。

それに、ベースコートに透明のラメ入り塗料を使った【ペディキュア】だと、さらにいろいろなデザインのバリエーションが楽しめるでしょう。

実は実は、ベースに透明ラメを塗っておくと、どんなデザインの【ペディキュア】でも思った以上に映えるというメリットもあったりなんかするんですよ。

 

【ペディキュア】のデザインは、自分で悩まなくても、今やインターネットを開けばよりどりみどり。

季節感あふれる素敵なデザインがあちこちのブログやサイトに紹介されています。

そんなネット上の【ペディキュア】を片っ端から試していけば、1年や2年、いや、3年以上、重複するデザインを使用せずに済むかも知れませんよ。

でも、その位やると、今度は自分のオリジナルデザインというのが作りたくなるものなんですよね。

だったら、それもそれでOK、是非未知の世界の【ペディキュア】を編み出してみましょう。

という事で、まずは美容関連のブログやサイトを参考に、いろいろなデザインの【ペディキュア】をエンジョイすべしですね。

グラデーションネイルのペディキュア

【ペディキュア】だって気合いを入れてしっかりと仕上げたいもの。

それならやっぱり手の指と同様、グラデーションネイルを取り入れるべきでしょうね。

手の指でも結構難しいグラデーションネイル、【ペディキュア】ともなるとなおさらじゃないのと思われるかも知れませんが、何事も慣れです。

難しいだろうと言って、いつまでたってもやらなければ、いつまでたっても出来ません。

それこそ思い立ったが吉日で、早速グラデーション【ペディキュア】にチャレンジしてみましょう。

勿論、最初からうまく出来る人なんていない訳で、ごまかし方のコツさえ知っていれば大丈夫。

きっと安心してグラデーション【ペディキュア】にトライ出来るのではないでしょうか。

 

【ペディキュア】は元々足の指という比較的人目につきにくい部位に施すものですから、手よりも先にグラデーションネイルの練習をするにもちょうどいいのです。

失敗したって、靴を履いてお出かけしちゃえば誰にも分からない分からない。

その点、手の指はどうしても人目についてしまいますから、【ペディキュア】以上に気を遣います。

なので、先に足の指で上手にグラデーションネイルが出来るようになって、初めてそれを手に移行するというのも賢い手ですよね。

とは言え、やっぱり【ペディキュア】だってそれなりに誰に見られても恥ずかしくない仕上がりにしたいもの。

ならば、ベースに透明なラメのマニキュアを塗るようにされるといいでしょう。

そうすれば、少々仕上がりに斑やガタのあるグラデーションネイルになってしまっても、何故か案外綺麗な【ペディキュア】に見えるんです。

それに、それなりの輝きも醸し出してくれますから、一石二鳥という訳ですね。

という事で、グラデーションネイル初心者の方の【ペディキュア】には是非お勧めの一品ですよ。

 

【ペディキュア】をグラデーションネイルにする事によって、自分の個性を自由自在に表現する事が出来ます。

何しろグラデーションネイルには実に豊富なカラーバリエーションがあって、Case-by-caseに会わせた雰囲気作りが出来るんですよね。

【ペディキュア】にCase-by-caseなんてあまり必要ないと想われるかも知れませんが、決してそんな事はありません。

やはり時のよって派手目にしたり、おとなし目にしたりというのはとても大切な事です。

それに、【ペディキュア】をグラデーションにしておく事で、少し位爪が伸びても、生え際が目立ちにくいと言うメリットもありますね。

ただ、グラデーションネイルは難しいとか面倒だというのがデメリット。

けれど、そんなデメリットは、【ペディキュア】のコツなどを紹介しているブログやサイトをみれば、きっと解決する事だろうと思いますよ。

簡単【ペディキュア】

【ペディキュア】って、意外と難しいもので、何とか簡単に綺麗に仕上げられないかと思われている方は少なくないでしょう。

そういう方は、まず、足の爪のお手入れを再度きちんとし直してみてください。

足の爪のケアって、簡単そうに見えて、結構手間暇掛かるものですが、それだけで随分【ペディキュア】の仕上がりは変わります。

何より、爪の細胞を傷めないように、巻き爪だけは防止しなければなりませんから、爪先の白い部分は無理に丸くカットせず、真っ直ぐのまま残すといいと思いますよ。

後、最も簡単に綺麗な【ペディキュア】をという人は、塗料ではなくシールを使われるのがベターでしょう。

液体塗料に比べ、どうしても保ちが悪いですから、コスパはお世辞にもいいとは言えません。

けれど、手の指のマニキュアと同じで、これ以上に簡単な【ペディキュア】はないと言っても過言ではないでしょうね。

 

【ペディキュア】も簡単なものだとは言えませんが、楽しみながらやれば、面倒だとか、難しいと言ったマイナス思考はなくなるものと思われます。

楽しいの「楽」という漢字は「らく」と読みますから、楽しければ楽なんですよ。

そう、楽だという事は簡単だという事で、【ペディキュア】だって決して例外ではありません。

簡単に自分の足の爪でおしゃれを自由自在に楽しめるんだ〜っと考えられるようになるはずですよ。

そうなれば、後はもうこっちのもの、次から次へと個性あふれる【ペディキュア】を研究して行けばいいのです。

足の指だって手の指と同様、自分らしさを簡単にアピール出来るポイントの一つです。

しかも、素足を見せる機会の少ない季節でも、【ペディキュア】は隠れたおしゃれとして、重要視するべきではないかと私は思いますね。

 

【ペディキュア】の中には、デザインによって難しいものもありますが、簡単なものも沢山あります。

一番簡単なデザインは、言うまでもなく単色で統一する事でしょう。

けれど、ただ単に単一カラーの【ペディキュア】と言っても、その色合いで簡単にインパクトを与える事は出来るのです。

特に足の指だからこそ出来る派手なデザイン、これが思いの外素敵なんですねぇ。

個人的には真っ赤や真っ青、あるいは真っ黄色や真っ白など、原色系の【ペディキュア】がお勧めかなぁ。

カラーポリッシュを選ぶのも簡単ですし、使い方もとても簡単です。

後はラメ入りのトップコートで仕上げれば、インパクト大の【ペディキュア】の出来上がり。

少しでも簡単にフットネイルを楽しみたいと想っておられる方は、是非一度お試しあれですよ。

他にも簡単な【ペディキュア】のコツなどは美容関連のブログやサイトに沢山載っているので、そういうのを参考にされるといいでしょうね。

【ペディキュア】の塗り方

【ペディキュア】は足の爪に塗るマニキュアの事ですから、手の爪のマニキュアと塗り方に大差はないだろう。

いや、足の爪の方が手の爪よりも広くて堅いから、塗りやすいんじゃないかという気すらしますよね。

でも、実際には手の爪のマニキュアと足の爪の【ペディキュア】とでは、随分塗り方が異なります。

逆に、足の爪は硬くて広いからこそ、きちんと手入れしてからでないと、うまくぬれないというのが現実でしょう。

という事で、【ペディキュア】の塗り方の正式な指導は、そんな足の爪のケアから始まります。

とにもかくにも爪を綺麗に切りそろえて、表面を平らに磨くところからですね。

特に【ペディキュア】が初めてとか、普段めったにしないという人は、足の爪のお手入れ自体、殆どしていらっしゃらない傾向が見られます。

まあ皆さん、夏場はサンダルを履く際に目立つから、少しはするとおっしゃいますが、冬場になれば全然という方も多いんですよね。

なので、【ペディキュア】の塗り方を勉強する前に、先に足の爪の正しいケアを勉強される事が大切でしょう。

 

【ペディキュア】の塗り方は、手の指のマニキュアと大きく異なるのは確かです。

でも、実際には、手の爪のケアと足の爪のケア、それ自体が大きく異なるため、出だしが随分違って来る訳ですよ。

むしろ、その爪のケアさえきちんと出来ていれば、マニキュアも【ペディキュア】も、塗り方そのものに大差はないと言ってもいいかも知れません。

勿論、足の爪の幅や凹凸を考え、斑にならないように塗るのは絶対条件ですよ。

けれど、【ペディキュア】の塗り方というか、塗る手順というのは、マニキュアと変わらないという事です。

だからこそ、いかに足の爪のお手入れが肝心かという事になって来るんですよね。

【ペディキュア】を綺麗に仕上げるコツは、塗り方だけでなく、爪のケアにもある訳ですからね。

 

【ペディキュア】の塗り方のコツは爪のお手入れにあり、っと言っても過言ではないのですが、それではちょっと単純明快すぎますよね。

なので、ここで一つ、ちょっとした便利グッズをご紹介しておきましょう。

実は【ペディキュア】を普段からお使いの方々には、もうすでに必需品とも言えるもので、ブラシなどと同じメイク小道具だと思われている方も多いんですけどね。

実際には外反母趾の改善などに使われる健康器具「トゥセパレーター」、これをはめて進めて行くのが、塗り方のポイントと言ってもいいと思います。

これは5本の足指がくっつかないようにはめるクッションカバーみたいなもので【ペディキュア】を塗る時に使うと、1本1本綺麗に塗布出来るんです。

後の細かな塗り方については、美容関連のブログやサイトで調べていただければよく分かるでしょう。

とにかく事前の準備をしっかりして、さあ、初めての【ペディキュア】にいざ、トライです。

【ペディキュア】とは

【ペディキュア】というと、足の爪のマニキュアの事でしょうと言う人がいます。

いますというより、多い、それもめちゃめちゃ多いですよね、日本では・・・。

確かに【ペディキュア】というのは、足の爪に塗料などを塗ってメイクする事です。

だから、それがマニキュアじゃないかと言われればそれまでなのですが・・・。

実は【ペディキュア】の「ペディ」はラテン語で足を意味する「ペティ」から来ているもので、「キュア」は同じくラテン語でケアを意味します。

それに対し、マニキュアはラテン語の手を意味する「マヌス」に手入れするという意味を持つ「キュア」をくっつけたもの。

そう、あくまでもマニキュアは手の爪限定で、【ペディキュア】は足の爪限定のメイクなのであります。

 

【ペディキュア】が足の爪に施すマニキュアだと思われている最大の理由、それはなんと言っても、日本人のマニキュアそのものの誤解にあるでしょう。

まず、日本人は、マニキュアというのは爪に塗る塗料の事だと思い込んでいますから、手でも足でも共用出来るものな訳ですよ。

けれど、海外ではマニキュアはあくまでも手のネイルアートであって、足のネイルアートは【ペディキュア】。

そもそもマニキュアというのが塗料の事ではないというのもあって、まず誤解したり、混同したりされる事はないようです。

なので、もし海外でマニキュアや【ペディキュア】をしてもらわれる場合には、十分気を付けてサロン選びやオーダーをした方がいいかも知れませんね。

因みに、日本人がこれぞマニキュアと思い込んでいるあの塗料は、正式には「ポリッシュ」。

カラフルな色つきのものはカラーポリッシュと呼び、勿論マニキュアにも【ペディキュア】にも使われています。

 

【ペディキュア】に対する日本人の誤解は、マニキュアとの混同だけにとどまりません。

さらなる大きな誤解、それは完全なる足の爪のネイルアートだと決めつけられている部分です。

けれど、【ペディキュア】のペディは足、キュアはケアな訳ですから、実は実はフットケア全般の事を示しているのです。

これはマニキュアにおいても言える事で、手全体のケアを表す用語なんですよね。

従って、足の爪のお手入れは元より、足裏マッサージや足つぼマッサージ、それに角質ケアなどもみ〜んな【ペディキュア】なんですねぇ。

とは言え、今の日本では、そんな正しい使い方の方が野暮だとされています。

実際問題、国語辞典ですら、【ペディキュア】とは足の爪の化粧の事で、マニキュアともいうなどと書いていますからね。

まあ今まで通り、足の爪のマニキュア、ネイルアートだと思って気楽に楽しんで下さい。

美容関連のブログやサイトで、どんどん最新の【ペディキュア】情報を入手してね。