アメカジのコーデ

【アメカジ】は今や女性たちには当たり前のように受け入れられるファッションですが、だからこそコーデが決め手。

差の付けられる男は、それなりのコーディネイトを極めているものなんだそうですよ。

とは言っても、【アメカジ】事態、定番スタイルが確立されていますから、それほど難しく考える必要はありません。

そのテー版スタイルをベースに、自分の見た目と個性を明確にアピール出来るようなコーデを確立して行けばいいだけなのです。

因みに、【アメカジ】の定番スタイルと言えば、Tシャツにジーンズ、そしてスニーカーというコーデですね。

後はシーズンによって、ダウンジャケットやパーカーなどを羽織ればOK。

【アメカジ】初心者の方は取り敢えずこのコーデを徹底すれば、ださいと言われる心配はないでしょう。

 

【アメカジ】の人気の秘密は、なんと言ってもイージーな事で、これ以上ないラフなコーデを楽しんでいる人は大勢います。

ただ、一つ気をつけないといけないのは、ラフなコーデとルーズなコーデは全く違うという事です。

ルーズなコーデはだらしのないコーデという事で、例えビンテージを交えた【アメカジ】スタイルを鼻に掛けていても、周囲は冷たく見ているでしょう。

まあもっとも、ブランドやビンテージにこだわる人は、それなりのおしゃれ男子ですから、その辺りは百も承知。

問題は、ただ何となく周囲に流されて【アメカジ】ファッションをしている男性たちなのです。

いつまでも古くなってノビノビになっているTシャツをダラーンと着ていたりしてね。

それでも、ジーンズを履いて、スニーカーで歩いていれば、自分の【アメカジ】コーデはバッチリだろうとかって言うのですから、全くもって困ったものです。

 

【アメカジ】をバッチリ決めたい男性陣たちは、自分のコーデにワンポイント置かれる事をお勧めします。

それこそ、人気ブランドのTシャツやビンテージのジーパンなどはその最も手っ取り早いアイテム。

ただ、【アメカジ】とは言え、こうしたブランドのシャツやビンテージのジーンズは決して安くありませんから、それなりに経費の掛かるコーデと言えます。

なので、特別拘りがないのであれば、そこまで背伸びしたコーデを極める必要はありません。

定番の【アメカジ】スタイルにバンダナを組み合わせるだけでも十分。

人とは少し違ったコーディネイトになりますし、靴をウエスタンブーツにしてみるのも面白いでしょう。

そう、【アメカジ】のコーデは幅広く、コスパも自由自在に調節出来るのです。

後は自分自身が慣れて来れば、チノパンなどのコーデも次第にバッチリ決まるようになりますよ。

という事で、常にファッション関連のブログやサイトで、いろいろな【アメカジ】のコーデを目にする事、これが何より大切ではないかと思いますね。

アメカジの人気レディースブランド

【アメカジ】が似合う女性って、まあ今の若い子は大抵そうだけど、私のようなずんぐりむっくりのおばさんから見ると、めっちゃ羨ましいですね。

それも、レディースに限らず、メンズでも全然OK、普通に着こなせるよっていう人は、それなりに身長もある訳じゃないですか。

ただ、【アメカジ】の場合は、レディースよりメンズの方が私なんかは着やすくて好きなんですよね。

それこそカジュアルだから、裾なんてちょいちょいと折っちゃえば、結構楽に着られるし・・・。

後、かわいい【アメカジ】プリントのレディースシャツも沢山ありますもんね。

まあ似合うかどうかは別にして、いつもネットやなんかで、いいなぁっと思うものはいろいろ見かけます。

という事で、今日はそんなレディース【アメカジ】の世界を少し覗いてみたいと思います。

 

【アメカジ】と言えば、マッコイズこと「THE REAL McCOY'S 」がダントツ人気ですが、これはメンズとしての話。

ではでは、レディースとしてはどんなブランドが支持を集めているのでしょうか。

メンズと同様、レディース部門でもマッコイズは一番人気の【アメカジ】ブランドなのかというと、やはりそうではないようです。

レディース部門で人気ナンバーワンのブランドはというとですね、アバクロこと「Abercrombie & Fitch (アバクロンビー&フィッチ)」。

ももクロなら知ってるけど、アバクロは知らないなぁとかって、全くもって【アメカジ】なんて似合いそうにないうちの係長が言っておりましたが、皆さんはいかがですか。

でも、係長がももクロを知ってるっていうのは、かなりえらいかも・・・。

と、くだらない話はさておき、このアバクロは、20代・30代の女性なら、大抵何着かは持っている定番のレディース【アメカジ】と言えるでしょう。

後、ラルフローレンがベスト5に入っているところなどは、さすがはレディース部門ランキングという感じ。

また、東洋エンタープライズの【アメカジ】は、メンズでも、レディースでも5本の指に入る売れ筋ブランドです。

 

【アメカジ】と言えば、その定番スタイルはTシャツにジーンズとスニーカーですから、基本、メンズもレディースも大差がないのが本当のところでしょう。

ただ、やはりデザイン的には、レディースの方が落ち着いた可愛らしさを出している感じがします。

むしろ、【アメカジ】においては、レディースよりメンズの方がカラフルなラインやど派手なプリントデザインが多いような気すらするのは私だけでしょうか。

まあもっとも、それが自分の個性を表現するには必要だというのが若者たちのご意見なのでしょう。

という事で、少し分かると益々楽しいレディース【アメカジ】の世界、これからもブログやサイトからいろいろな情報をチェックし続けたいものですよね。



アメカジのファッション雑誌

【アメカジ】コーデを習得したければ、やはりファッション雑誌をチェックする事がとても大事になるでしょう。

 

男性向けファッション雑誌と言うと、女性向けほど種類がないんじゃないの?とかって思われるかも知れませんが、それはとんでもない誤解です。

 

勿論、その全てが【アメカジ】をテーマにしている訳ではないとは言え、今や日本男子はみんなおしゃれですから、メンズファッション雑誌の数も中途半端ではありません。

 

キムタクが表紙を飾る事などでも知られる「MEN'S NON-NO」や「Men's JOKER」などが有名ですが、これは本の一部として捕らえた方がいいでしょう。

 

しかも、【アメカジ】に特化したメンズファッション雑誌も多数出版されているのです。

 

 

 

【アメカジ】に特化した男性向けファッション雑誌という意味だけで言えば、MEN'S NON-NOMen's JOKERが特別いいとは言えません。

 

何故なら、この辺りは、メンズファッション全体にスポットを当てた雑誌だからです。

 

むしろ、有名なファッション雑誌の場合、綺麗系男子を取り上げている事が多いので、【アメカジ】は思いの外少なかったりするんです。

 

勿論、カジュアルは常にこうしたファッション雑誌ではメインテーマみたいなものですからね。

 

そのカジュアルの代表格と言える【アメカジ】もたっぷり載っているのは載っているんですよ。

 

ただ、どういうんだろう、どうしてもある程度路線が偏ってしまっている事は、何冊かの雑誌を見て頂ければ気が付かれるのではないかと思いますね。

 

その点、とことん【アメカジ】に拘る雑誌というのは、實に幅広く捕らえているので、様々なファッション情報を目にする事が出来るのであります。

 

しかも、街角でさりげなく撮られたスナップ集のような雑誌もあって、こういうのはそれこそ、隣の誰かさんが出ている訳ですよ。

 

そう、自分に合った【アメカジ】を研究するにはピッタリのファッション雑誌だという訳ですね。

 

 

 

【アメカジ】と言えば渋谷という事で、その手のファッション雑誌としてお勧めしたいのが「men's egg」。

 

ターゲットは渋谷ギャルと一緒にうろちょろしているような渋谷系アニキたちです。

 

まあ別名ギャル男とも呼ばれる彼らは、常に時代の最先端を走る【アメカジ】マニア。

 

ただ、生で見に行くには少し抵抗亜あるとか、時間が掛かってしまうという方は、是非こちらの雑誌を参考にされるといいでしょう。

 

後、これから【アメカジ】を極めたいと思われている大人の方々には、「Safari」という雑誌がいいかも・・・。

 

こちらはセレブのカジュアルスタイルを主に取り上げているファッション雑誌で、高級感漂うコーデも多数掲載されています。

 

 

という事で、こうした【アメカジ】をメインにしたファッション雑誌の情報はブログやサイトからも収集出来ますから、一度じっくり調べてみられるといいでしょうね。

アメカジマニアの愛するブーツ

【アメカジ】と言えばスニーカーというのが定番ですが、ブーツも中々の人気です。

実際、ナイキなどのスニーカーが大ブームを呼んでも目もくれず、ブーツ一筋というマニアも少なくない位なんですねぇ。

ただし、【アメカジ】におけるブーツは、ウエスタンとワーク、大きく分けてこの2つに支持が偏ります。

それ以外にも何種類かのブーツがあるにはありますが、今はウエスタンorワークと言った感じでしょう。

これには、【アメカジ】事態がウェスタン路線とワーク路線の2種類のブーツを定番アイテムとする路線があるからに他なりません。

中でも、ワークブーツはライダースタイルにもフィットするという事で、日本でも大人気ですよね。

ただし、ブーツを取り入れた【アメカジ】スタイルは、オールマイティーでフィットするという訳ではないので、あしからず。

 

【アメカジ】の中でも、スニーカーは万人向け、ブーツはマニア向けの履き物と言ったところでしょうか。

故に、ブーツに憧れる人も多いのですが、その履きこなしとメンテナンスは実際には結構大変なんですよね。

まず、日本人の場合、【アメカジ】は割と似合っても、ブーツを履くと妙に違和感の出る人も少なくないでしょう。

スニーカーなら全然そんな事ないのに、ブーツを履いた途端に、中途半端な山小屋のオヤジさんみたいになっちゃったりなんかしてね。

勿論、長年履いているうちに、その人の個性とともにその【アメカジ】スタイルが決まって来るという事も十分考えられますよ。

ワークブーツは特に経年変化による味の深まりが魅力の一つの履き物です。

だからこそ、【アメカジ】アイテムとしてとことん拘り続ける人が後を絶たないのでしょう。

ただし、周囲が何となく見慣れて来るというレベルでは困りものです。

やっぱブーツに履かれるのではなく、自分がそのブーツを履きこなしてこそ、真の【アメカジ】マニアと言えるのではないでしょうか。

 

【アメカジ】の中でも、ブーツを使ったコーデは實にカッコ良く、世の男性陣たちが憧れる気持ちはよく分かります。

ただ、そんなアメリカンブーツをこよなく愛する人たちは、毎日手間暇掛けてお手入れをしておられるという事を知っておく必要は否めないでしょう。

そう、ブーツは単なる【アメカジ】のアイテムの一つではなく、皆さんにとっては正しく自分の足の一部みたいな存在なんです。

でも、ブーツって、ちゃんと手入れをし、定期的に補修をしてやる事で、とっても長く履けるんですよね。

なので、ブーツを用いた【アメカジ】ファッションが似合いそうな人たちには、是非トライしていただきたいなぁっと思います。

因みに、ワークブーツやウエスタンブーツと言ったアメリカンブーツのメンテナンス方法については、関連のブログやサイトにしっかりと掲載されていますからね。

【アメカジ】をさらに極めるコーデなんかと一緒に参考にされるといいのではないかと思いますよ。

アメカジのブログをチェック

【アメカジ】というと、何となく取っつきにくいなぁとかって思っておられる方が少なくないとお聞きいたしました。

いつだったかなぁ、割と最近なんだけど、そういうブログを読んだんですよね。

息子や娘が好んで来ている【アメカジ】ファッション、楽そうでいいし、自分もトライしてみたいんだけど、まずは似合うかどうかが心配。

それに、周囲の目も気になるとご自分のブログに書いておられたアラフィフの男性がおられました。

まあ50代でもバリバリの【アメカジ】ファッションをエンジョイし、そういうブログをアップしている人も沢山います。

ただ、その反面、生活環境によっては、あのラフなスタイルがルーズに感じられてしまわれる方も多いのでしょう。

しかも、自分は【アメカジ】に関心と理解が持てても、周りがそれを分かるかどうかが気になるというようなブログ、共感出来るような気も致しました。

 

【アメカジ】は極め始めるとかなり奥深いので、それだけで十分専門的なブログが開設出来ます。

まあ専門的なブログと言ってもなんの事ない、日々の自分のコーデや最新アイテムを紹介しているだけというブログも一杯あるんですけどね。

ただ、中には、これから【アメカジ】にチャレンジしたいという大人をターゲットとした結構読めるブログがあるのも確かです。

しかも、そういうブログは、ブログ村の人気ランキングでも常に上位に入っていますから、相当支持されているのでしょう。

なので、この間のブログの管理人のように、【アメカジ】に高い関心をお持ちの方は、是非一読されるといいのではないかと思いますね。

そして、そのブログの執筆者が、自分と同世代だったら、勇気も湧いて来る事でしょう。

私自身、もういい年のおばちゃんですが、そうしたブログを参考に、それなりに【アメカジ】を取り入れた生活を送らせていただいております。

 

【アメカジ】は今や日本でも定番中の定番ファッションですから、もっと人と差を付けたいと思っている若者も多いはず。

そういう方にも、人気ファッションブログのチェックは是非お勧めです。

というより、【アメカジ】を極めるためには、ファッションブログのチェックは必須でしょう。

確かに今はTwitterやlineのようなSNSでもかなりの量の情報収集は可能です。

とは言え、やはりブログやサイトで取り上げられている【アメカジ】の情報量は中途半端ではありませんからね。

それこそ、よりどりみどりという感じで、必ず自分にフィットする情報が得られるといっても過言ではないのです。

そういう意味では、少々面倒でも、パソコンの前に座り、しっかりとしたブログやサイトからしっかりとした【アメカジ】の情報を入手していただきたいものですね。



通販でアメカジショッピング

【アメカジ】は今やインターネットを立ち上げ、チョチョイのチョイ、通販で購入するのが定番のようですよ。

勿論、アウトレットモールなどを訪ねると、専門店がズラリと軒を連ねています。

通販がこれだけ定着した現代でも、【アメカジ】のお店が賑わいを見せているのは確かです。

やはりビンテージものは目で見て、手で触って、何より試着して選ぶのが大事。

そういう【アメカジ】のショッピングが出来るのが実店舗で、出来ないのが通販だという事は言うまでもない事実なのでしょう。

ただ、最近は、実店舗を持ちながら、一方でネット通販を運営しているショップも沢山あります。

取り分け人気の【アメカジ】ショップは、その多くが通販部門を展開しているのが一つの特徴で、それにはそれなりの理由があるようです。

 

【アメカジ】は通販と実店舗の両方を巧みに使いこなして購入するのが今時の賢い若者の鉄則だという事を皆さんはご存じでしょうか。

これって、ブランド品を選ぶ時や靴を購入する際によく使われる手段ではあります。

ただ、【アメカジ】の場合は、そうしたアイテムのように、店頭で品定めと試着をし、少しでも安価な通販で購入するというのとは少し違うようですよ。

まず、高価なビンテージのジーンズやスニーカーなどは、実店舗で散々吟味してから即買い。

何故なら、通販には出ていないものもありますし、それ以上に、人気ブランドの【アメカジ】は、鮮度が命だと言っても過言ではないのです。

つまり、もたもたしているとすぐに売れてしまって、代わりがないため、通販に出る事もなければ、後で同じものが入手出来る可能性もかなり低いという訳ですね。

ただし、その一方で、Tシャツやバンダナのような定番アイテムは、通販の【アメカジ】ショップで少しでも安くゲットするのが賢いショッピングというもの。

ようするに、お金と手間を惜しまない部分と、節約出来る部分は徹底して節約するというこのメリハリですね。

このメリハリのある【アメカジ】ショッピングが、通販と実店舗の両方を巧みに活用する事で、十二分に確立させられるという事のようなのです。

 

【アメカジ】の人気ブランドの新作は、通販をこまめにチェックしていればだいたいすぐに分かります。

また、アウトレッドのような通販ショップも多数あって、普段着や部屋着は、とても賢くに購入出来ますよ。

なので、気になる方はまず、アパレル関連のブログやサイトで【アメカジ】の売れ筋ラインやデザインアドを調べましょう。

そして、めぼしいアイテムが定まったら、お次は楽天市場やAmazonなどのモールで検索。

【アメカジ】を取り扱うショップをはしごしながら、お買い得な一品を見つけ出す事が實に楽しいと思える事でしょう。



国内発の人気アメカジブランド

【アメカジ】のブランドで一番好きなところはどこ?とかって聞いたら、うちの妹、なんて答えたと思いますか。

聞いてビックリ、“ユニクロだ〜!”とかって堂々と言うんですよ、もう笑っちゃった。

でも、確かにユニクロのブランド力は今や世界を代表するもので、【アメカジ】だってそれなりにすごい。

ラインもデザインも豊富だし、逆にユニクロ位多種多様の品揃えがあるブランドはそうは多くないとも思うのは思うんですよね。

ただ、やっぱ【アメカジ】のブランドと言えば、アバクロかマッコイズっていう答えが返って来る事を期待するじゃないですか。

後、私自身はメンズが主流だけど、チャンピオンなんかがすご〜く好きなんですよね。

という事で、こうした【アメカジ】のブランドが少しでも安く入手出来るアウトレットも大好きなのであります。

 

【アメカジ】の売れ筋ブランドに、「シュガーケーン」や「ミスターフリーダム」というのがあります。

實はこの2つの人気ブランド、いずれも東京の下町にあるアパレル会社が展開している純国産のブランドなんですよね。

しかも、とある【アメカジ】の人気ブランドには、第2位にシュガーケーンが入り、第3位がミスターフリーダム。

そして、なんと第5位がこの2つのブランドを展開する親会社なのであります。

という事は、たった1社で国内の【アメカジ】の人気を大きく掠っちゃっているっていう事ですよねぇ。

それに、意外と皆さん、各ブランドの出所を知らないのか、それとも、親会社が大きすぎて、単独としてとらえてしまうのか。

とにかく、實に興味深く面白い【アメカジ】人気ブランドアンケートだと思いました。

因みに、こちらの会社が出している「ロンウルフ」というシューズブランドも売れてます。

という事で、ここまで言えば気が付かれる方も多いかと思いますが、そんな日本発の人気【アメカジ】ブランドとは、「東洋エンタープライズ」なのであります。

 

【アメカジ】は今や日本でも定番アパレルですから、力を持つブランドや人気を集めているブランドはいくつか存在します。

その筆頭が東洋エンタープライズでしょうし、ユニクロもその一つだと言っても過言ではないと思うんですよね。

実際、この2つの邦人会社が展開するブランドは、【アメカジ】の本場米国でも売れているというからすごい話です。

ただ、何となく見栄でメイドインUSAのビンテージジーンズを履きたいなんて思わなくもありませんが・・・。

という事で、今や日本の【アメカジ】ブランドはとにかくすごい、関連のブログやサイトでそのパワーをしっかり習得して日々のコーデに取り入れたいものですよね。

人気のアメカジスニーカー

【アメカジ】と言えば、季節を問わずジーンズに足下はスニーカーが定番。

中にはブーツを履きたいという人もいますが、はっきり言って、似合ってない人は少なくありません。

その点、スニーカーは全ての日本人がフィット出来る【アメカジ】の代表格ではなかろうかと思いますね。

ジーンズに限らず、スウェットとのコーデも抜群ですし、おしゃれな男子なら、チノパンとの相性もバッチリでしょう。

それに何より、スニーカーは子供の頃から親しんでいる【アメカジ】。

それを考えると、今や日本人の生活にはなくてはならない存在だと言っても過言ではないと私なんかは思いますね。

時に、アクティブに仕事をこなすために、スーツにスニーカーという足下だけ【アメカジ】おやじも見かけますし・・・。

 

【アメカジ】の定番シューズであるスニーカーにも、やはりテー版のアイテムと言いますか、ブランドがいくつかあります。

その代表格とも言えるのがコンバースのオールスターではないかと思いますが、皆さんはそんなコンバースのスニーカーへの拘りってありますか。

私の知っている男性は、真の【アメカジ】マニアなら、足下はやっぱコンバースだと言い切ります。

ただし、彼が愛用しているのはオールスターではなく、ジャックパーセルというラインで、少し丸みを帯びた独特の形状をしたスニーカーです。

【アメカジ】の本場米国では、オールスターと並ぶコンバースの定番中の定番スニーカー。

私自身、その形状からも日本人にはオールスターよりフィットしやすく履きやすいんじゃないかと思いますね。

その証拠に、一度履いたら辞められないという愛好家の多い【アメカジ】スニーカーと言えるでしょう。

特に伝説のロックンローラーと称されるカート・コバーンが愛用していたところから、芸能人にもファンの多いスニーカーです。

ですので、同じ【アメカジ】でも、ちょっとあいつと差を付けたいと思われるのなら、是非お勧めのスニーカーですね。

 

【アメカジ】の定番スニーカーと言えばもう一つ、忘れてならないのが3本線の入ったアディダスのバッシューでしょう。

實はあのモデル、正式にはアディダスの「スタンスミス」と言い、日本ではコンバース以上に売れているスニーカーだと言われています。

確かに、【アメカジ】なんて縁もゆかりもなさそうなオヤジでも、ジョギングシューズとして持っている事が多いですものね。

しかも、子供の頃から慣れ親しんだスニーカーとも言えるでしょう。

まあもっとも、子供の頃は【アメカジ】だのブランドだのと言った事は分かりませんから、類似の3本線のスニーカーでしっかりとごまかされていた記憶があったりなんかしてね。

また、最近はプーマのスニーカーも知名度と人気を上げて来ているようですよ。

という事で、皆さんのお気に入り【アメカジ】スニーカーは、どこのどのモデルなのか、ファッション関連のブログやサイトで是非調査してみたいものです。



アメカジとは

【アメカジ】というと、Tシャツにジーンズ、足下はスニーカーというイメージを持たれている方も多いようですね。

そして、ちょっとルーズだとか、自分たちには似合わないと決めつけておられる高齢者の方々もちらほら・・・。

確かに、【アメカジ】というのはアメリカンカジュアルを短縮したアパレル用語で、Tシャツやジーンズ、それにスニーカーなどはその代表格と言えるでしょう。

そして、ラフなスタイルを好む若者たちは、特に普段着として大好きです。

ただ、【アメカジ】と一口に言っても、本当はすごく沢山の路線があるんですよね。

そして、驚くでなかれ、そんなの俺には似合わないとか、そんなの俺は着たくないねとかって言っている人だって、實は愛用していたりなんかするかも知れないのであります。

そんな思いの外身近な【アメカジ】、皆さんはどうせなら徹底的に極め、巧みに着こなしてみたいと思いませんか。

 

【アメカジ】というのはアメリカ人が着るフォーマルではない衣服ですから、まあ早い話、スーツやドレスでなければ該当するという事になるでしょう。

そう、別に若者たちが着ているTシャツにジーンズというコーデだけではないんです。

休日にお父さんたちが着ているシャツとズボンの組み合わせだって、それなりの【アメカジ】だったりなんかするんですねぇ。

後、軽く羽織るジャンパーやカーデガンなんかもそうですよね。

そしてもう一つ、忘れてならない【アメカジ】がワーキングスタイルです。

労働者たちから生まれた日常のスタイルで、作業着や長靴はその代表格。

そもそもジーンズを筆頭にしたデニムパンツは、このワーキングスタイルを原点とする【アメカジ】なんですよ。

それと後、サーファースタイルやライダースタイルと言ったスポーティーなファッションも含まれます。

そう、こんな風に、日本においても【アメカジ】は当たり前のように浸透し、のさばっているのでありま〜す。

 

【アメカジ】は元々、アメリカの大学生のファッションを真似したがる若者たちによって、日本にも広められ、定着させられました。

特に1960年代から1970年代の高度成長期、それこそ今のおじいちゃん・おばあちゃんがバリバリの現役時代ですよ。

映画や雑誌で見る【アメカジ】に憧れた記憶のある方は少なくないでしょう。

例えば、ジョージルーカスが若かりし日に手がけた大ヒット青春映画「アメリカン・グラフィティを見てね。

という事で、【アメカジ】は決してルーズなだけのファッションではありません。

様々な面で、機能性にも優れていて、全ての世代の人にフィットするファッションです。

ここは一つ、改めて【アメカジ】とは何かを関連のブログやサイトで研究し、自分なりのスタイルを確立しましょう。

アメカジはメンズファッションの代表格

【アメカジ】マニアとも言える男性がとても多い事には、いつも驚かされます。

今や日本でだって、メンズファッションの定番中の定番とも言えるジーパンにTシャツ。

後、ワークジャケットも、メンズ【アメカジ】にはなくてはならないアイテムですよね。

ファッションにはそれほど拘りを持たないという男性でも、ジーパンやTシャツ、それにワークジャケットには結構煩いという人は大勢います。

実際、若者が集う街を中心に、メンズ【アメカジ】を専門に取り扱うショップは沢山あって、どこもかしこも商売繁盛ですよ。

そして、取り分け支持を集めているのがビンテージのメンズアイテムです。

ジーンズだけにとどまらず、シャツやジャケットでも、ビンテージのメンズ【アメカジ】は、常にいい値段で取引されていますよね。

 

【アメカジ】をこよなく愛する男性は、中高年にも少なくありません。

むしろ、中高年の方が経済的余裕がありますから、よりいっそうビンテージに拘れるのです。

でも、いつまでも【アメカジ】が似合うおじ様って素敵、中途半端な若手メンズモデルよりずっとカッコよかったりなんかするんですよね。

ところで、皆さんは、そんなジーンズとワークジャケットという2つのメンズアパレルが、元々は一体化していたってご存じですか。

今でも胸当てのある繋ぎのようなズボンは、【アメカジ】の一種として、メンズだけでなく、レディースやキッズにも結構愛されています。

けれど、オーバーオールと呼ばれるあのスタイルのズボンは、メンズファッションというより、作業着の代表格みたいな存在だったんですよね。

そして、そのズボンと胸当ての部分が分割されて誕生したのがジーパンとワークジャケットという2つのメンズ【アメカジ】アイテムでした。

 

【アメカジ】は元々メンズスタイルというイメージが強いですが、今では女性たちにも大人気です。

実際、ジーンズやTシャツというのは、メンズでもレディースでも大差がないものがおおいじゃないですか。

むしろ、完全なレディースの【アメカジ】というのの方が少ないんじゃないかと思う位ですよね。

それにスニーカーやスウェットになればなおさらの事で、全身をメンズアイテムでコーデしている女性も大勢います。

それだけ日本人女性も大柄になり、【アメカジ】が似合う体型になって来たという事なのでしょう、きっと・・・。

私自身、スウェットにスニーカーというスタイルは大好きですが、やはりレディースは数が少ないので、メンズから選択する事が圧倒的多数です。

それに、ファッション関連のブログやサイトには、メンズ【アメカジ】の女性向けこうでというのも沢山載っていますものね。