オールデンの手入れ方法

オールデンは手入れをする事で、その風合いは益々増していくようです。 革靴は雨に濡れるとシミになってしまったり、皮が変形してしまったりする事もあると聞きますから、オールデンの靴も同様に雨は大敵と言っても過言ではないかもしれません。 オールデンの素材はコードバンという馬の皮で、なめし皮の質の良さと美しい輝きには定評があると聞きます。 オールデンの靴は皮で出来ていますから必要以上に力を加えたり、四方八方にブラシを動かしたりしないよう、一定方向で優しくブラシをかけると良いようです。 オールデンの手入れでは、一般的な革靴の手入れと同じようにすれば良いと聞きますから、さほど専門的な知識などは必要ないかもしれません。 最近は革靴専用のお手入れセットも充実しているようなので、オールデンの靴専用に用意してみるのも良いでしょう。 また、オールデンの最新モデルなどの情報が数多くあるようなので見てみましょう。 埃などで汚れが目立ってきたと感じる時は、オールデンの靴に軽くブラッシングをして埃やゴミなどを掃うと良いでしょう。 革製品は手入れをする事で長く利用する事が出来ますから、オールデンの靴も同様に手入れをすると良いようです。 こまめにブラッシングを行うことで、オールデンの靴を美しい状態のまま愛用する事が出来ます。 しかし、どんなに気をつけていてもオールデンの靴を雨に濡らしてしまう事もあるそうなので、帰宅後のケアをしっかりしておくと大丈夫なようです。 オールデンの手入れを行う事により傷やソールの減少などチェックする事が出来るので、早めにリペアする事も可能なようです。 オールデンの靴に限らず革靴は湿気に弱いものです。 良い靴は正しい手入れを行う事で長く利用する事が出来ますから、オールデンの靴の手入れも面倒くさがらずにすると良いようです。 オールデンの靴の手入れ方法はインターネットで詳しく調べることができます。 オールデンの靴についた水分などをしっかり除去して、ブラッシングやクリームなどで手入れをすると良いかもしれませんね。 そして定期的な手入れはオールデンの靴を長持ちさせるようです。 雨の日などは出来る限りオールデンの靴を履かないようにした方が良いようです。 良い靴を長く美しく履き続ける為にもオールデンの靴の手入れ方法について学んでみましょう。 オールデンの靴を長く良い状態のままで履く為に必要な手入れはブラッシングなどのようです。 アメリカはマサチューセッツ州で生まれたオールデンはアメリカでも大人気のシューズメーカーで、日本国内のセレクトショップなどでも大変人気のようです。

オールデンカーメルで通販

オールデンは通信販売でも扱っており、メールやオーダーフォームから靴をオーダーすると良いようです。 通信販売、しかも国外となると躊躇してしまいがちですが、オールデンのカーメルは初心者でも安心して通販を楽しむことが出来るようです。 海外通販は難しいと思っている人にも簡単でお得なオールデンのカーメル。 良い靴は手入れをする事で良い風合いを楽しむ事が出来ますし、リペアして長くオールデンを愛用する事も出来ると聞きます。 オーダーフォームやメールを利用して注文を受けたオールデンのカーメルでは、即座に在庫確認や現品のコンディションなどを確認して連絡をくれるようです。 日本のセレクトショップに比べて若干お手頃価格でオールデンを購入する事が出来るようです。 オールデンのカーメルでは、レアシューズ販売などの他にリペアなども行ってくれるようです。 オールデンのカーメルでは国外のオーダーも受け付けており、その対応の良さは顧客の間で大変好評を得ているようです。 オールデンの靴を海外から通販で購入というと高いのではないかと考える人も多いかもしれません。 国によって靴のサイズ表記も違う為、オールデンのカーメルでは何度も繰り返しサイズチェックをしてくれるという話もよく耳にします。オールデンのカーメルを利用して通信販売で購入している人が増えているようです。 オーダーした靴はオールデンのカーメルで在庫確認などが行われ、指定した輸送方法などで手元に届けてくれると聞きます。 オールデン好きにはたまらない店かもしれませんね。 通販初心者でも憧れのオールデンが手軽に購入する事ができるカーメルについて調べてみましょう。 オールデンのカーメルに注文品の在庫が無かったり、在庫があっても皮に少々の難があったりした場合など、このカーメルでは確認してくれるようです。 オールデンのカーメルでは通販などで購入してくれた人を対象にリペアを行い、美しくよみがえらせてくれるようです。 靴で最初に痛むのはソールや中敷のかかと部分などで、オールデンのカーメルでは良心価格でリペアを行ってくれるのだとか。 オールデンのカーメルがリペアしてくれた靴は、しっくりと馴染むうえに作業の丁寧さでも定評があるようです。 サイトではオールデンのリペアについての情報を見ることができます。 オールデンの通販の仕方など細かい情報があるようなので参考にしてみましょう。

オールデンの通販でレアアイテムGET

オールデンの海外通販は海外から送られてくるので、手元に届くには多少時間が必要になるのも念頭におくと良いでしょう。 国内のセレクトショップなどで扱っているオールデンの多くは種類も数も限られています。 オールデンの通販では新品】を購入するだけでなく、リペアなども受け付けてくれるようです。 オールデンのカーメルでは国内外のファンを対象に販売だけでなく?リペアなどのアフターケアもしてくれるようです。 海外通販でも使えるVISAやMaster Cardなどは、オールデンの通販や他の海外通販なども利用できるので便利かもしれませんね。 オールデンの通販では、欲しい靴の形や自分の靴のサイズ、住所や氏名、電話番号、決済方法などの情報が必要になるので、注文前に事前に準備しておくと良いでしょう。 好みのオールデンの靴ではカラーの指定も出来る場合があります。 リペアではオールデンのカーメルが有名なようで、国内外のリペアを受け付けているようです。オールデンの通販を利用して、日本国内では手に入り難いレアアイテムを購入している人が増えているようです。 オールデンファンにとって利用し易い店として有名のようです。 国内のセレクトショップよりも海外通販の方がお手頃価格でオールデンを購入できるようですから、多少のタイムラグなどは反対にドキドキ感を高めて良いかもしれませんね。 オールデンのオーダー時には忘れずにチェックしておく事も必要です。 国内通販も心配なのに海外通販はもっと敷居が高いと感じている人にも簡単にオーダーする事が出来るオールデンのカーメル。 海外の通販でオールデンを購入すると、限定品や、限定カラーなどレアも手に入るようなので、ファンはチェックしておくと良いでしょう。 オールデンの通販を始める時は、決済に便利なクレジットカードなどを利用すると便利で簡単に購入する事が出来るようです。 丁寧な手入れをする事で革靴は長く愛用する事ができますから、オールデンもリペアを行って長持ちさせる事が可能なようです。 ですから、なかなか好みのオールデンを見つける事が出来ないと聞きます。 自分の足に馴染んだオールデンをリペアしてもらうと、より履き心地の良いシューズとして生まれ変わるようです。 サイトではオールデンの通販オーダーの仕方も調べることができます。 オールデンの最新カタログなどの情報も数多くあるようなので調べてみましょう。

オールデンの通販でレアアイテムGET

オールデンのオーダー時には忘れずにチェックしておく事も必要です。 国内のセレクトショップなどで扱っているオールデンの多くは種類も数も限られています。 ですから、なかなか好みのオールデンを見つける事が出来ないと聞きます。 オールデンファンにとって利用し易い店として有名のようです。 国内通販も心配なのに海外通販はもっと敷居が高いと感じている人にも簡単にオーダーする事が出来るオールデンのカーメル。 オールデンの通販を始める時は、決済に便利なクレジットカードなどを利用すると便利で簡単に購入する事が出来るようです。 海外の通販でオールデンを購入すると、限定品や、限定カラーなどレアも手に入るようなので、ファンはチェックしておくと良いでしょう。 丁寧な手入れをする事で革靴は長く愛用する事ができますから、オールデンもリペアを行って長持ちさせる事が可能なようです。 海外通販でも使えるVISAやMaster Cardなどは、オールデンの通販や他の海外通販なども利用できるので便利かもしれませんね。 リペアではオールデンのカーメルが有名なようで、国内外のリペアを受け付けているようです。 オールデンの通販では新品】を購入するだけでなく、リペアなども受け付けてくれるようです。 サイトではオールデンの通販オーダーの仕方も調べることができます。 オールデンの海外通販は海外から送られてくるので、手元に届くには多少時間が必要になるのも念頭におくと良いでしょう。 国内のセレクトショップよりも海外通販の方がお手頃価格でオールデンを購入できるようですから、多少のタイムラグなどは反対にドキドキ感を高めて良いかもしれませんね。 自分の足に馴染んだオールデンをリペアしてもらうと、より履き心地の良いシューズとして生まれ変わるようです。 好みのオールデンの靴ではカラーの指定も出来る場合があります。 オールデンの通販では、欲しい靴の形や自分の靴のサイズ、住所や氏名、電話番号、決済方法などの情報が必要になるので、注文前に事前に準備しておくと良いでしょう。 オールデンのカーメルでは国内外のファンを対象に販売だけでなく?リペアなどのアフターケアもしてくれるようです。オールデンの通販を利用して、日本国内では手に入り難いレアアイテムを購入している人が増えているようです。 オールデンの最新カタログなどの情報も数多くあるようなので調べてみましょう。

ハンドメイドアクセサリーとは

こうしたハンドメイドアクセサリーの種類や手法は、趣味関連のブログやサイトに沢山紹介されていますから、一度じっくり読んでみられるといいのではないでしょうか。 しかし、どうせハンドメイドアクセサリーに挑戦するなら、やっぱり銀の指輪やネックレスを作りたいという方も少なくないだろうとは思います。 また、銀粘土には大きな固まりとして売られているものもあれば、チューブに入れて売られているものもありますから、用途や必要量に合わせて自由に選べます。 けれど、ハンドメイドアクセサリーはその名の通り、手作りのアクセサリー。 特にペンプは天然素材で軽い上、色が抱負なので、小さな女の子用のハンドメイドアクセサリーを作る際には最適なんですね。 実はこの銀粘土、純銀の微粉末と水をバインダーという結合材で固めた水性粘土で、造形して焼固める事で様々なハンドメイドアクセサリーが作れます。 ペンプというのは、麻の糸の事で、これを細かく編んだり結んだりして行く事で、様々なデザインのブレスレットや髪飾りが作れます。 ただし、ハンドメイドアクセサリーの楽しさは、編み物感覚で作れるビーズアクセサリーやペンプアクセサリーの方が大きいかも知れません。 特に、もうすでに手作りアクセサリーを趣味にしている人などは、それほど彫金に拘っていません。 そもそもハンドメイドアクセサリーイコール、彫金で作るシルバーアクセサリーというイメージ自体どうかと私は思いますよ。 また、彫金で作られた指輪などは、変形しにくく、非常に価値観も高く見えます。 ハンドメイドアクセサリーの王道とも言える彫金は、非常にハイレベルな趣味と言えるでしょう。 そこで今回私がお勧めしたいのが、粘土細工で作るシルバークレイという方法です。 ハンドメイドアクセサリーとしての迫力は、やはりシルバーアクセサリー、それも彫金で作るシルバーアクセサリーに勝るものはないでしょう。 皆さんは、純銀の粉末から出来ている銀粘土というのがあるのをご存じですか。 ビーズを繋いで作った首飾りや、麻糸を編んで作った髪飾りだって、立派なハンドメイドアクセサリーなのです。 確かに、所謂彫金と呼ばれるこうした方法で作るシルバーアクセサリーなどは、ハンドメイドアクセサリーの王道とも言えるでしょう。 後、ビーズアクセサリーだって、ただ単に糸にビーズを通すだけでなく、そのビーズを通した糸を編んだり結んだりする事で、バリエーションはどんどん広がります。 粘土で形作って焼いて仕上げる、そう、これは陶芸と同じですね。 ただし、窯なんかなくても、ガスコンロでも十分焼き上げる事が出来るので、最初から最後まで自宅で作れるハンドメイドアクセサリーなのです。 編み物感覚や裁縫感覚、さらには工作感覚でもっと手軽に楽しめるハンドメイドアクセサリーを沢山作っています。 これは小さなお子さんでも出来ますから、正にご家庭や保育園などで楽しむには最適なハンドメイドアクセサリーと言えるでしょう。 また、レザークラフトと呼ばれる革細工でのアクセサリー作りも楽しいでしょう。 何も必ずしも銀の延べ棒や延べ板から試行錯誤して作る物だけではありません。 この辺りも完全に粘土細工の世界ですが、いずれも99パーセント純銀のハンドメイドアクセサリーを作る事が出来るのが嬉しいところです。ハンドメイドアクセサリーというと、金属をコンコン叩いて形成し、ジリジリ削ってデザインして行く、そういうイメージをお持ちの方も多いと聞きました。

アンティークのハンドメイドアクセサリー

ハンドメイドアクセサリーの本やショップを覗いているとよく、アンティークという言葉が出て来ます。 いや、言葉というよりは一種の表現と言うべきなのでしょう、ハンドメイドアクセサリーに限らず、様々な世界で使われていますね。 ただ、いざ自分でハンドメイドアクセサリーを作るとなると、その工程自体を楽しむ事にもなる訳じゃないですか。 そしてまた、ファッション業界でも人気を博し、ハンドメイドアクセサリーにも用いられているのだろうと思います。 でも、そもそもアンティークというのは骨董品の事じゃないですか。 それこそ、キラキラ輝くようなスワロフスキーとかを使って居ないようなアクセサリー。 ただ、関連のブログやサイトを読んでいると、アンティークを極めたハンドメイドアクセサリーを作る事に徹している方々も沢山いらっしゃいます。 なので、ハンドメイドアクセサリーでも同様に、デザインだけの話ではないだろうかと私は思うんですね。 だとしたら、正真正銘のアンティークハンドメイドアクセサリーなんて、どの位出回っているのでしょうか。 昔ながらのシンプルなビーズを通しただけのネックレスやブレスなどこそが本当のアンティークなハンドメイドアクセサリーなのではないかってね。 そこで、世界に一つしかないアンティーク調の手作りアクセサリーというのが人気を集めているようですよ。 実際、ハンドメイドアクセサリーの本や講座というのが多数出ています。 でもね、家具やドレスなんかもそうですが、本当にいい物というのは、昔は全て職人さんの手作り、ハンドメイド品だったそうです。 ただ、プロが作ったものをお金を出して買うというスタイル自体に、手作りの価値や温もりを感じないという人も少なくありません。 特にインテリアの世界では、今やアンティークが定番になりつつあると言っても決して過言ではないでしょう。 勿論、きんきらきんの超ど派手なハンドメイドアクセサリーを作りたいと思われる方も大勢いらっしゃいます。 少なくとも、家具や衣類の場合は、その殆どがあえて素朴の素材で素朴なデザインに仕上げた所謂アンティーク調だろうと思います。 もともとハンドメイドアクセサリーの一番の価値は、世界に一つしかないという事なのに、今さらながらそれが支持されるとは、なんとも面白い話ですね。 でも、シックなアンティーク調のデザインに仕上げたいとおっしゃる方の方が、ずっと多いそうです。 なので、そういう場合は、スワロフスキーやビーズなどで、どんどんどんどん派手にして行く方が、面白いのは面白いんですよね。 ハンドメイドアクセサリーはアンティーク調に仕上げるのがコツ、こういう部分も大きいでしょう。 特に機械化が進み、大量生産される市販品が定着している昨今、ますますハンドメイドアクセサリーに対するイメージが変わりつつあるようです。 何しろ、家具や洋服と違って、アクセサリーのような小物は手軽に作って、気軽に使えるという利点がありますからね。 だから、心の高まりを押さえながら、じっくりアンティーク調のハンドメイドアクセサリーを仕上げるのは、性格的にちょっと大変な方も多いとか・・・。 結果、手作り雑貨のお店などで、アンティーク調のアクセサリーを買われる事になる人もいると、あるカルチャー教室の先生はおっしゃっていらっしゃいました。 ハンドメイドアクセサリーは、手作りのアクセサリーという意味で、まあ趣味の一つと受け取る方も多い事でしょう。 ですから、一流の彫金師が作ったハンドメイドアクセサリーは最高級品だとされていたんですね。 きっと、ハンドメイドアクセサリー、それもアンティークな手作りアクセサリーの世界というのは、随分奥深いんだろうなぁと思いますね。

ハンドメイドアクセサリーのブログ

ハンドメイドアクセサリーがこんなに人気のホビーになっているとは、ちっとも知りませんでしたよ。 中には、彫金もやるけど、ヘンプやレザーも扱うという方もいらっしゃいますね。 で、大抵の方は、仕上がった作品は勿論、そのハンドメイドアクセサリーの工程からもう画像付で公開しています。 まあとにかく、これだけ物が溢れかえっていて、お金さえ出せば何でも買える時代に、ハンドメイドアクセサリーが人気を集めているのが、私にはちょっと不思議なんですね。 で、個人的には全然関心なかったのですが、高校の時の友達が、最近自分のブログを開設したから見てくれってメールをくれたので、ちょっと覗いて見ました。 ただ、それにはちゃんとした道具や技術が必要になるようなので、取り敢えずはビーズでちっちゃなハンドメイドアクセサリーから作り始めるのが無難なんだろうけど。 かの有名な日本ブログ村の中には、ハンドメイドアクセサリーを中心にしたブログを書いている人たちのカテゴリーもあるんですね。 みんな考える事は同じだなぁっと思ったのですが、そのリンクをクリックして、初めてハンドメイドアクセサリーというカテゴリーの様々な記事にお目に掛かったんです。 ハンドメイドアクセサリーのブログというのは、基本的に作品の作り方を紹介するもので、後、コーディネイトを載せている人もいますね。 因みに私は、四季とプロ野球のカテゴリーに参加していますのでよろしく!て、関係ないか(笑)。 正直、ハンドメイドアクセサリーのブログって、ちょっと自慢ぽいなぁっと思わないでもないですけどね。 こんなブログがあるんだったら、何も高いお金を出して本を買ったり、ハンドメイドアクセサリーの教室に通ったりする必要ないじゃんとかって思いましたよ。 中には、まるでカルチャービデオそのものというような動画もあって、ちょっとビックリ。 まあ友達はまだそこまではやってなかったけど、それでも、作品の写真はアップしていました。 でもこれが、見てて結構楽しいから不思議、それまでまるで無関心だった私でも、どこか何か引きつけられるものがある記事がいくつもありました。 その後、自分の一番関心を持ったジャンルに特化したブログを拝読すればいいんじゃないかなぁっと思います。 そしたら、彼女が趣味で作っているアクセサリー類をいろいろ紹介するハンドメイドアクセサリーのブログだったんです。 マジで、何だか自分もハンドメイドアクセサリーに挑戦出来そうな気がして来ましたよ。 ハンドメイドアクセサリーと一口に言っても、実に多種多様のジャンルと素材、そして作り方があるんですね。 で、何か一つのハンドメイドアクセサリーに拘りを持っているブロガーさんもいれば、いろいろなジャンルに挑戦しているブロガーさんもいらっしゃいます。 勿論、日本ブログ村のランキングにも参戦しているので、しっかりとクリック用のリンクが貼られていました。 最近はなんでもかんでもネット上のブログやサイトをスタートラインにする人が多いそうですが、多分ハンドメイドアクセサリーの世界もそれが出来るんでしょうね。 どうせやるならやっぱ彫金、豪華なシルバーリングを作ってみたいですね。 なので、まあ取り敢えず広く浅くハンドメイドアクセサリーの世界を知るのであれば、そういう方々のブログを拝見するといいでしょう。

アディダスの高級【ステテコ】

【ステテコ】の人気が高まると、今やオヤジのインナーという域を超え、アディダスのような世界を代表するかじゅあるスポーツブランドでも売り出すようになりました。 そう言えば、アメリカを代表するカジュアルブランド、ヘインズからも出てましたねぇ。 でも、【ステテコ】は日本古来のインナーな訳ですから、こうした海外ブランドに着目されるのは実に素晴らしい事です。 ある意味、アディダスやヘインズが浴衣や袴を出すのと同じ位の価値があるという専門家もいます。 まあいくらなんでも、この考え方はちょっと大げさ過ぎますが、今【ステテコ】が逆輸入状態にある事は間違いないようですね。 そうなると、当然、祖国を代表するカジュアルメーカーや下着メーカーも黙ってはいません。 ユニクロやワコール、そしてグンゼなどが次々とアディダスやヘインズに対抗すべく、オリジナル【ステテコ】をリリースしているのであります。 【ステテコ】は下着だというのは日本人の考え方で、アディダスの手に掛かれば、立派なカジュアルパンツ。 普段着どころか、おしゃれ着として街を歩けるのが当たり前らしく、同社もそう断言しています。 そのせいでしょうか、アディダスご自慢の【ステテコ】は、なんと1枚5,000円以上もする超高級品。 それこそ生地もしっかりしていて、見た目的にはショートパンツだという気もしないでもありません。 しかし、そんなエクスペンシブなアディダスの【ステテコ】が、女性にも結構売れているというのですから驚きです。 まあ確かに、元々アディダス辺りのカジュアルラインは、メンズであってもユニセックス的な部分が多いですからね。 日本のブランドが作る【ステテコ】と違って、女性でも気軽に履きこなせるというものなのかも知れませんね。 【ステテコ】が外国人にもウケる昨今、アディダスが海外から日本に押し寄せて来るなら、ユニクロだって黙ってはいません。 ご自慢のシルキードライ素材で作り、世界11ヶ国に売り出しています。 という事で、今や【ステテコ】は、日本代表のユニクロ&ワコールvs海外代表のアディダス&ヘインズと言ったところでしょうか。 でも、やっぱアウェイじゃなくてホームで戦うんだから、そこは是非ともユニクロさんやワコールさんに益々頑張っていただきたいものですよね。 それに、私個人の感覚では、やっぱいくらアディダスブランドでも、【ステテコ】に樋口さんを出すというのはちょっとって感じ。 まあユニクロの1枚990円から1,500円程度が妥当なところじゃないかとは思いますね。 という事で、皆さんはこんなアディダスの高級【ステテコ】、どう思っていらっしゃるのか、その魅力も含めて、是非ブログやサイトで調べてみたいものです。

【デカ目】アバター

【デカ目】と言えば、アバターも有名ですよね。 アバターとは、自分が好きなキャラクターを作って、【デカ目】にしたりお洒落な格好をさせたりということができる機能。 ブログなどを見ていると、カワイイ【デカ目】の女の子が出てきたりしませんか。 それは、そのブログを書いている人に似せたアバターで、【デカ目】で可愛い顔をしていることが特徴です。 このアバターがなかなかの人気で、お洒落をさせたり、思い思いの髪型をさせたり・・・と、【デカ目】だけでなく色々な楽しみ方があります。 【デカ目】で可愛いアバターは、ついつい色々な洋服を着せてみたくなるもの。 自分の分身とも言えるアバターですから、もちろん【デカ目】にして、可愛い服やアクセサリーをつけましょう。 この【デカ目】アバターには、着せ替え人形の様な楽しさもあります。 【デカ目】のアバターですが、実は過去には「芸能人が自身のものを作っている」というケースもありました。 例えば、元モーニング娘の辻ちゃんは、【デカ目】のアバターを作っていましたよね。 ファッションアイテムを披露するサイトに参加していた辻ちゃんですが、そこに辻ちゃんそっくりな【デカ目】のアバターがありました。 辻ちゃんのトレードマークである盛り髪に加え、【デカ目】まで実現したアバターは、まさに「辻ちゃんの分身」。 このアバターの着せ替えも実際に行っており、まるで【デカ目】の辻ちゃんが着替えている様な感覚でした。 また、【デカ目】のアバターと言えば千秋さんなども挑戦していますよね。 色々な楽しみ方ができるアバター、ぜひ【デカ目】で可愛いものを作ってみてはいかがでしょう。 【デカ目】アバターは、作り方も簡単。 また、自分の好みの服装にできますので、【デカ目】に加えたお洒落を楽しんでみて下さい。 【デカ目】も、種類が選べますので、自分だけのアバターを作ることができるでしょう。 ぱっちりした【デカ目】からナチュラルなものまで、自分の好みに合わせて色々なアバターが作れるのが魅力です。 【デカ目】のアバターの場合、服装で雰囲気がまったく異なることも覚えておきましょう。 スポーティーにすることもできれば、ゴシックにすることができるのも、【デカ目】のアバターの大きな魅力になります。 自分そっくりにするのもよし、自分の理想を詰め込んだ【デカ目】アバターにするもよし、ぜひ自分なりの楽しみ方をしてみてください。 ネット上にはたくさんの【デカ目】アバターがありますので、それを参考にしてみるのもいいかもしれませんね。 せっかくのアバターですから、色々な【デカ目】を楽しんでください。

【ステテコ】はインナーかアウターか

【ステテコ】はお父ちゃん族のためのインナーですが、最近はちょっと風向きが怪しくなって来ました。 まあ別に悪い事じゃないから、怪しくなったというよりは、変わって来たと言ったところなんだろうけど・・・。 とにかく、パンツ一丁ならぬ、【ステテコ】一丁で街を堂々と歩いている人がいるという事です。 しかも、女子テコと呼ばれる若い女性がですから、驚かれる方も少なくない事でしょうね。 そこで出て来たのが、【ステテコ】はインナーか、アウターかという議論です。 もしアウターなら全くおかしな事ではありませんが、インナーなら問題ってか・・・。 でも、元々【ステテコ】がアウターだとは思えない人たちが女子テコに物申してる訳だから、あえて意見を交わす必要なんてないような気もしますよね。 【ステテコ】はもはやインナーではない、立派なアウターだというのは、やはり外国人的見解で、ドイツのアディダスやアメリカのヘインズなどがそう主張しています。 特にアディダスは、デザインにも拘っていて、そんじゃそこいらのショートパンツよりも高価な値段を付けているのにはビックリです。 一方、【ステテコ】はやっぱりインナーでしょうというのは、国内のワコールやグンゼと言った老舗下着メーカー。 そしてユニクロは、本人の履き方次第でインナーにもなるし、アウターにもなるという見解を示しています。 つまり、日本ではまだ、【ステテコ】はインナーとしての位置付けがしっかりと残っているという事なのです。 因みに、【ステテコ】をインナーとして着用する時は直履きで、アウターとして着用する時は下着の上から履くというのがユニクロ流のようですよ。 【ステテコ】も、昔ながらの白い天竺や麻素材のものなら、誰がどうみてもインナー、それもオヤジのズボン下でしょう。 けれど、最近は驚くほどカラフルになり、ユニクロではレディースラインもあって、そのカラーバリエーションは実に100種類に上るとも言われています。 さらに、人気キャラクターをプリントしたデザイン性に優れた【ステテコ】も多数市販されていますよね。 そうなると、いよいよインナーとして着用するのが惜しくなっては来るというものでしょう。 ただし、【ステテコ】を本気でアウターとして来て歩くには、やはりそれなりの勇気も要るようですし、モラルも必要になって来るのではないかと私は思いますね。 ようするに、着用していいところと悪いところをきちんと見極める必要性があるという事。 実際問題、【ステテコ】はインナーかアウターかという事については、関連のブログやサイトで調べても、中々結論には達しませんね。