セカンドバッグとは

セカンドバッグと同じようなバッグにハンドバッグもありますが、こちらは主に女性が身の回りの小物を入れるバッグで、どうも、ハンドバッグには定義のようなものも存在するようです。
ただ、現在では、手で抱えるようにして持つ小さめのバッグのことをセカンドバッグと呼んでいますよね。
オシャレを自認する男性ならセカンドバッグには、凝った方が良さそうです。
セカンドバッグというと、有名なお笑いタレントが、このバッグを持って芸を披露しているのを見たことがありませんか?
サラリーマンを真似した芸になるのですが、セカンドバッグを巧みに使い、とっても面白い芸になっていると思います。
しかし、みんなが有名ブランドのセカンドバッグを褒めてくれたので、主人にプレゼントした甲斐もあるというものでしょう。
有名ブランドのセカンドバッグはもちろんのこと、使い勝手が良さそうなセカンドバッグもあります。
今、インターネット上には、たくさんのセカンドバッグが販売されています。
ただ、お店の人に「新作ですよ」と勧められ、しかも、その前に主人から貰ったハンドバッグが少々高かったのを覚えていたので、「これぐらいの値段は、しょうがないか」と、そのセカンドバッグを買いました。
そして、そのセカンドバッグを持って主人が会社に行くと、周囲の人から「すごいね、ブランドの新作だ」と言われたそうです。
といっても、セカンドバッグをプレゼントしたのは、結婚する前の話ですけれど。
これだけたくさんのセカンドバッグがあるのですから、自分にお気に入りの一品を見つけることができるでしょう。

セカンドバッグ、私は有名ブランドのものを、以前、主人にプレゼントしたことがあります。

セカンドバッグは、手に持つものですから、案外周囲の目に留まるものなのかもしれません。セカンドバッグとは、もともと「セカンド」ということで、大型のバッグをメインとして二番目の小さなバッグのことを呼んでいたようです。
有名ブランドのセカンドバッグは、やはり、値段が高かったように覚えています。
男性はオシャレに疎いものだと思っていた私には、まさか有名ブランドのセカンドバッグをみんなが知っているとは思わなかったので、とても意外な話でした。
また、個性的なデザインをしたセカンドバッグなど、様々なものが取り扱われています。
女性はオシャレに気を配っているので、有名ブランドのバッグに詳しくても当たり前だと思うのですが、まさか、男性が有名ブランドのセカンドバッグに反応するとは予想外だったのです。





お守りのメンズネックレス

メンズネックレスがお守りになるなんていう噂を聞いたんだけど、ほんとかなぁ。

メンズネックレスも女性用のアクセサリーと全く同じ、一流ブランドのアイテムになると超エクスペンシブです。
おまけに、エスカプラーリオは比較的お手頃価格のアイテムが多いのが特徴。
日本でも近頃ちょっとした話題になっていて、勿論メンズネックレスとして愛用している男性も少なくないそうです。
まあ、多分そういうのって言い伝えにすぎないんだろうとは思うけど・・・。
なので、やはり自力で彼のために厄除けになるメンズネックレスを探そうと思った私、今はネットのブログやサイトでいろいろ情報収集しています。
ほら、女性は19歳で迎える初めての厄年に当って、銀の指輪やネックレスをもらうといいって言うじゃないですか。
せっかくシルバーのメンズネックレスをプレゼントしたのに、別れようなんて言われるかも・・・。
まあ一応恋人同士は恋人同士なんだけど、彼は別に私の事が特別好きな訳じゃなくて、ただなんとなく付き合ってるだけっていう感じなんですよね。
だったら、男性も初めて迎える本厄の年、25歳の時にシルバーのメンズネックレスを贈られるといいのでしょうか。

メンズネックレスは今、男性がもらって嬉しいプレゼントの上位に急上昇して来ているアイテムですよね。
ただ、個人的にはメンズネックレスの存在はそれほど好みではありません。
でもね、お守りとして身に付けるなら、それはそれでいいと思っています。
だけど、いくらお守りと言っても、まだまだ自分でメンズネックレスを買おうと言う男性は少ないじゃないですか。
そしたら、やっぱりお店の人は少しでも高価なメンズネックレスを売りたいんでしょうね。
一流ブランドのように何万円も出さなくても、素敵なメンズネックレスがゲット出来ます。
なんだかフレンチレストランみたいな名前だけど、エスカプラーリオっていうのは、ブラジルで昔からあるお守り。
この位なら彼にも気を遣わせなくて済みそうだし、私の思いを伝えるにはちょうどいいメンズネックレスでしょう。
羽を広げたようなデザインのお品も、お守りとして人気が高いんですよ、なんて言われてしまいました。
これも風の便りというやつなんだけど、エスカプラーリオというお守りのようなメンズネックレスがあると聞きました。
だからこそ、出来れば彼のハートをしっかりつかめるようなバースデープレゼントをしたいんだけど、本当はメンズネックレスみたいな高価な物じゃない方がいいのかなぁ。
でも、おもちゃのようなメンズネックレスもあって、エスカプラーリオはどちらかと言うと、その類でしょうか。
中には1,000円前後で売られている物もあるし、まあ5,000円も出せばそこそこいい物が入手出来そうです。
まあね、よくシルバー、銀のアクセサリーは厄除けの効果があると言われているから、もしかしたらシルバーメンズネックレスにも当てはまるのかも知れません。
そう思って、この間も家の近所のショッピングモールへ下見に行ったのね。
だったら、女性からプレゼントしてあげるのがいいんじゃないかって思っている訳です。
だけど、私と付き合ってる事が一番の災難だって言われたらどうしよう。
でも、もしそれが本当なら、来月やって来る彼の25回目のバースデープレゼントは銀のメンズネックレスに決定ですね。


プラチナのメンズネックレス

メンズネックレスなら絶対プラチナ、個人的にはそう思っています。
なんとなくプラチナのメンズネックレスを付けている男性って、出来る男っていうイメージが漂っていませんか。
正直、もう20回以上も婚活イベントに出席しているけど、プラチナのメンズネックレスを付けて来た男性は初めて見ました。
やっぱ、プラチナのメンズネックレスを付けてる人は、それなりにお金持ちな訳でしょう。
だけど、今回のあの男性の場合は、ゴールドじゃなくてプラチナでしょう、しかもカルティエ。
で、まあ今、いろいろ悩んでるっていう訳、喜んでいいのか悲しんでいいのかよく解らない状況です。
実際、本人の顔より胸元に注目していた女性も少なくなかったようですよ。
ただ、一般のサラリーマンがああいう場にプラチナのメンズネックレスを付けて来る事って、よくある事なのでしょうか。
という事は、やはり仕事が出来るからこそああいう物が付けられる身分になれたんじゃないかって、私は思う訳ですよ。
と言うのも、この間参加した婚活パーティーの席にね、カルティエのプラチナのメンズネックレスを付けて来た男性がいるんです。
バカやろう、アクセサリーなんかちゃらちゃら付けてる男に、いい仕事なんか出来るかって、うちの社長は言うんですけどね。
特にプラチナのメンズネックレスを付けているクラスの男性となると、それなりに交際範囲が広いという事は想定しておいた方がいいのではないかと思います。
なので、そういう男性が結婚相談所に登録して、正式なお見合いパーティーに参加するって、案外少ないんですよね。

メンズネックレスを当たり前に付けている男性というのは、結構遊び上手だったりもします。
クレジットカードの分割払いで買ったらしくて、今月からそのメンズネックレスの支払いが大変だと自己紹介の時に笑っていました。
そう言えば以前、1人だけいましたね、ブランド物のゴールドのネックレスを付けてた男性。
なるほどねぇ、メンズネックレスのそういう使い道もあるんだなぁっと、感心させられたのを覚えて居ます。
勿論、どうやってそのメンズネックレスを買ったかとか、何故付けて来たかっていう事には一切触れませんでした。
年齢は31歳、仕事は大手商社のサラリーマンで、一応そこそこの年収はあるみたい。
やはり、アクセサリーと同じ位その人自身にも価値がなければ似合わないと思うのは私だけでしょうか。

メンズネックレスは、いくら本人はさりげなく付けているつもりでも、周囲からは目立ってしまいます。
ましてや、ああいう会合でプラチナのメンズネックレスなんて付けてたらそう。
どうやら気になるのは彼自身の事より、そのメンズネックレスの存在と言ったところでしょうか。
ところが、帰りにそのメンズネックレスを付けた男性から、もし気が向いたら電話して下さいって言って、メモを渡されたんです、私。
でも、結局誰も深い話は聞きにくかったみたいで、残念ながら最終的にはカップル誕生とはいかなかったんですよね。
どうやら、自分はやる時はやる男であるという事をアピールしたかったようです。
だから、逆に言うと、プラチナのメンズネックレスを付けてる若い男性というのは、正直あんま信用出来ない部分もあるんですよね。
勿論、メンズネックレスなら絶対プラチナという考え方は今でも変わっていません。
出来る事なら、仕事の出来るいい男性と巡り会えたかも知れないと素直に喜んで、前向きに歩き出したいとは思っていますが、何故か何か引っかかるものがあってねぇ。
取り敢えず、宝飾品関係のブログやサイトで、あのメンズネックレスの価値を調べたり、あれをあそこに付けて来た彼の気持ちを探ったりしている毎日です。



グッチのメンズネックレス

そこで、ブランド宝飾品に関するブログやサイトでいろいろ調べたところ、中々いいメンズネックレスである事が判明、思わず自分用にと購入してしまったのであります。
それでも、年に一度の彼氏の誕生日、そこはちょっと頑張って、その位のメンズネックレスはプレゼントしてもいいかなぁって考えていました。
因みに、私の見たグッチのネックレスは純銀だったので、シルバーアクセサリーとは言え、それなりに素敵な輝きをもっていました。
先輩はそういう事も考えて、ゴールドではなくシルバーのメンズネックレスを勧めてくれたのだろうとも思います。

メンズネックレスはゴールドよりもシルバーの方がいいというのは、実際問題、価値観からいうと、やはり少々問題ありきの考え方ではあります。メンズネックレスはゴールドよりもシルバーの方がいいという話を聞いたのですが、皆さんはどう思われますか。
となると、その次にいいのがゴールドのメンズネックレスっと、単純明快な私などは思う訳ですよ。
しかも、お値段も今なら円高還元とかで、すごくお得みたいです。
う〜ん、言われてみれば確かに、男性がきらきらアクセサリーを輝かせているのって、案外いい印象与えにくいものですよねぇ。
だからみんなあえてゴールドではなく、白金のプラチナメンズネックレスを付けている部分もあるのだろうと思います。
勿論、プラチナのメンズネックレスなら最高なんだろうけど、流石にお値段も張ります。
グッチのGGロゴをモチーフにしたメンズネックレスが、いつも通勤途中に通る宝石屋さんのショーウィンドに飾られてるんですよ。

メンズネックレスもやはり一番いいのはプラチナなんだろうけど、それが無理なら、中途半端に背伸びせず、素直にシルバーにすれば。
ところが、会社で先輩に相談したところ、ボールドよりはシルバーの方がいいんじゃないのって言われてしまったのであります。
無理せずシルバーにすれば、選択範囲も大幅に広がるし、憧れのグッチにだって手が出せますもんね。
これが今回の先輩の私に対するメンズネックレスのアドバイスだったんですね。
だけど、メンズネックレスの普及は、こうした新たなおしゃれも提供してくれているんですね。
一応メンズネックレスとはなっているけど、女性でも十分付けられる感じのデザインだから、ペアで購入されるカップルも多いそうです。
ペアの指輪とかブレスレットっていうのはまだしも、正直、ペアのネックレスっていうのはこれまで考えた事ありませんでした。
メンズネックレスの場合は、あまりキラキラしない方がいいからってね。
まあ確かに、グッチやヴィトンクラスになると、ゴールドでも決してリーズナブルとは言えませんけどね。
ただ、今の日本人のメンズネックレスに対する見方や生活スタイルを考慮すると、案外的を得た考え方なのかも知れませんね。
特に、ブッチやヴィトン、カルティエなどのプラチナアクセサリーともなると、我々OLには高嶺の花もいいところですよね。
でも、余りブランドに強くない私は、本当にそのグッチのネックレスがそれなりの価値があるものなのかどうか気になっていました。
キンピカモいいけど、銀のメンズネックレスというのも落ち着きがあって、とてもいいものですね。
勿論、私たち経理部の人間は、誰がいくら位のお給料をもらっているかは、ある程度知っています。





D&Gのメンズネックレス

メンズネックレスなんてって思てたんだけど、やっぱり一流ブランドの宝飾品というのは、男性が付けてもいいものなんですね。
正直、貧乏OLの私には、中々彼氏にプレゼントしたくても出来ない部分がありますね。
女性ならともかく、男の人がドルチェとかのメンズネックレスを光らせながら、牛丼食べてるのって、どうなんでしょうか。
それに、まあ彼にブランド物のメンズネックレスを贈る位なら、自分のために買いたいです。
それに、彼だって、男の自分がアクセサリーなんてもらって本当に嬉しいんだろうかっとも思いますしね。
少なくとも、メンズネックレスなんかよりは、シャツとかバッグとかの方が使い道あるじゃないですか。
となると、やはり使えるのはプライベートのみだし、カジュアルな場に高級アクセサリーは今イチ似合わないでしょう。

メンズネックレスはやっぱお金持ちのおじ様とか、オアニ系の男性が身に付けるもの。
街で首筋にネックレスを光らせていれば、目立つ事もありますし、それだけ人目を引けば、いくら男性だって、少々自分の見た目というのは気になるものです。
一般のサラリーマンは、メンズネックレスなんて使わないと、個人的には思い込んでいました。
今やメンズピアスとかメンズネックレスなんて当たり前だっていう話を聞いてびっくりです。
で、彼女が真剣な眼差しで品定めしていたのが銀のメンズネックレス。
でも、男性の美意識が高まって来た昨今、お化粧をする男子が増えたように、アクセサリーを付ける男子も増えて来たんですね。
つまり、メンズネックレスを身に付ける事によって、小綺麗に出来たり、コーディネイトを考えようという気にもなります。
だから、私は思いきってD&Gのメンズネックレスをプレゼントしたいのよってね。
思わず、「メンズメックレスなんかより、バッグとかキーケースとかの方がいいんじゃないの?」っと言った私に、友達はこう言い返しました。
これって、一昔前なら彼氏が彼女に贈る事の多かった物ですよねぇ。

メンズネックレスを自分で自分のために買おうという男性は、確かにまだまだ少ないですよね。
カバンやキーケースなら、自分でも買えるけど、アクセサリーっていうのは、男が自分で自分のためには案外買えないものでしょう。
ついこの間もね、友達が彼氏へのバースデープレゼントを探しに行くから付いて来て欲しいと頼まれて、連れて行かれたのが大手デパートのD&Gですよ。
ただ、やっぱトップブランドのメンズネックレスは超高級品です。
メンズネックレスを大切な人にプレゼントされて、初めて自らのおしゃれ感覚を磨く第一歩を踏み出せる人も多いのかも知れません。
ただ、何故、d&gじゃないといけないのかはよく解らないけど、取り敢えず彼女の言う事には納得してしまったのであります。
だけど、男性がビジネスシーンでメンズネックレスを着用するというのは、まだまだ日本では非常に難しいと思います。
どうせなら、プレゼントは実用性の高い物の方がいいですもんね。
後でお茶してる時に聞いたんだけど、実は去年の誕生日にD&Gの時計をプレゼントしたらしくて、今年はそれにセット出来るD&Gのメンズネックレスをっと思ったみたい。
まあね、D&GはDolce&Gabbanaのセカンドラインだから、贈る方ももらう方も気軽でいいのでしょうね。
以来、なんとなくメンズネックレスというものが気になって、今日は朝から久しぶりにファッション関連のブログやサイトを読んでしまいましたよ。